住宅ローン破綻を防止する方法はあるの?

住宅ローン破綻は防止できるの?

今回紹介する動画「住宅ローン 破綻を防止する安全な借入れ計画」は、実際に住宅ローン破綻した方のインタビューなどを交えて、なぜ破綻してしまったのかについて解説している内容となっています。

 

実際、この動画自体は無料DVDの紹介ビデオのようなのですが、管理人はこの無料DVDの方は見ていません。

 

ですが、この動画の中に出てくる人は、本当によくありがちでな人でしたし、かなり参考になる部分がある、また良いことも言っているなと思いましたので紹介しました。

住宅ローン 破綻を防止する安全な借入れ計画のポイント

なぜ住宅ローン破綻が起きてしまったのかのポイントは、次のようなところにありました。

 

なので、その辺りのところを頭に入れてからご覧になっていただけると、よく理解できると思います。

 

■営業マンに勧められるまま、無理なローンを組み、さらに完済までの計画を立てなかったこと。
■支払が苦しくなった時、早めに金融機関に相談するなど、早めに手を打たなかったこと。
■万が一の時、どうしたらいいか、前もって知らなかったこと。
■上記のようなことは、普通の住宅会社ですと、家を売るのにマイナスになるので言わないこと。

 

要するに、マイホームを購入する際には、しっかりとした計画を持って住宅ローンを組まないと、後々、大変なことになるよといことですね。

 

スポンサーリンク

住宅ローン 破綻を防止する安全な借入れ計画

 

「17年前に、家を建てられたAさん、当時は会社の業績も好調で、かなり高収入を得られていました。

 

そこで、大手ハウスメーカーの営業マンに勧められるまま、銀行の借入限度額いっぱいまで、住宅ローンを借りました。

 

そして、大変豪華なこだわりのマイホームを建てました。しかし、その後、景気は悪化。

 

業績不振で、住宅ローンが支払えなくなったのに、どうしたらよいのかわからず、放ったままにしていたので、数か月後、家は競売にかけられ、手放してしまいました。

 

それからAさんは、家族5人で、アパート暮らしをしていましたが、努力され、またその時の経験を踏まえて、今回、息子さん名義で家を建てることになりました。

 

そのAさんご家族に、このローンが支払えなくなったときどうするかのビデオを見ていただきました。


もう1回経験してきたことなので、やっぱり、もっと先にこれを知っていれば、その時に対処できたのかなと、今反省すれば、こういう方法があったんじゃないかとつくづく感じましたね。

 

結局、銀行に相談に行かずに遅れ遅れになっていく。雪だるまのように膨れ上がって、結局最後は、さっきのビデオにもあったように、家を手放す格好になりましたので、僕も。

 

Aさんはおかした失敗は、この2つ。営業マンに勧められるまま、無理なローンを組み、おまけに完済までの計画を立てなかったこと

 

そして、支払が苦しくなった時、早めに金融機関に相談するなど、早め早めに手を打たなかったこと

 

また、万が一の時、どうしたらいいか、前もって知らなかったことです。普通の住宅会社では、このようなことはお客様には伝えません。

 

家を売るのにマイナスになると思っているからです。しかし、本当は、とても大切なことです。」

 

スポンサーリンク