任意売却と破産は別なの?/任意売却後の残債は?

任意売却と破産のポイント

今回紹介する動画「任意売却と破産」では、任意売却と破産が混同されている人に向けて、そんなことはないんだよということを詳しく解説されています。

 

次の点がポイントとなっていますので、それを念頭に置きつつ動画を見ると、より理解が深まると思います。

 

■任意売却と破産は、全く別のものです。
■結果として、任意売却後に破産も検討するケースというのはあります。
■自宅を持っていて破産をした場合、破産申し立ての結果として、任意売却を行うケースというのもあります。

任意売却と破産【住宅ローン払えない】

 

「今回は、任意売却と破産について、お話しさせていただきます。

 

よくご相談を受けた際に、任意売却をした場合、破産をしなければいけないんでしょうかというご質問をいただくことがあります。

 

こちらについては、任意売却と破産というのは、全く別のものになりますので、任意売却をした場合に、破産をしなければいけないというようなことは、基本的にありません。

 

スポンサーリンク

 

任意売却と破産【住宅ローン払えない】の続き

破産とか、個人再生、法律用語では民事再生と言いますけれども、こうした手続きは、法律に定められた債務整理ということで、法的債務整理というんですけれども、任意売却というのは、あくまでも債権者との話し合いで、担保を解除して、ご自宅等の不動産を売却することを言いますので、基本的には、全く別の手続きということになります。

 

ただし、任意売却をしてその後に、例えば、残債が非常に大きく残ってしまうとか、あるいは、住宅ローンの返済にお困りになって、消費者金融等の借り入れやキャッシング等をして、何とか凌いでいたというような方の場合は、すでに多重債務になってしまっているケースがあります。

 

なので、そういったケースでは、任意売却後に破産もご検討になるケースというのはあります

 

また、ご自宅をお持ちの場合で破産をした場合には、原則的には、ご自宅は手放さなければいけなくなりますので、破産申し立ての結果として、任意売却を行うケースというのもございます

 

自己破産の手続きというのは、基本的には全く別のものになるんですけれども、任意売却をした後に、もう担保物件がなくなって、資産がない状態で破産申し立てをされた方が、ご自宅をお持ちのまま、破産の申し立てをされるよりも、手続きがスムーズになったり、費用が少なくて済んだりとか、そういったメリットがあるとも言えます。

 

この辺りの詳しい話がもっと知りたいという方は、ぜひ無料相談をご活用いただければと思います。」

任意売却後の残債について【住宅ローン払えない】

今回紹介する動画「任意売却後の残債について【住宅ローン払えない】」は、任意売却した後、残債はどうやって返済していくのかという内容になっています。

 

ポイントとなるのは、次のような点ですね。この辺りを頭に入れてご覧になると、よく理解できると思います。

 

■残債には、返済義務がありまあす。
■残債は、サービサーと呼ばれる会社に、債権譲渡をされるケースが多いです。
■支払える範囲での支払いということで、話し合いができるケースが一般的です。

 

 

「今回は、任意売却後の残債について、お話しさせていただきます。任意売却を行ったり、競売で物件を手放された場合でも同様なんですけれども。

 

通常は、住宅ローンの返済しきれなかった部分が残ることになります。こちらの残ってしまうローンのことを残債(ざんさい)と呼んでいます。

 

残債については、やはり返済義務はあるんですけれども、金融機関も、もう担保がない状態で、無担保債権ということで、回収がなかなか難しい債権ということになります。

 

通常、任意売却を行った場合というのは、その残債はどこかのタイミングで、債権回収会社、一般にサービサーと呼ばれる会社に、債権譲渡をされるケースが多いんですけれども。

 

現実には、住宅ローンがお支払いができなくなって、ご自宅を手放された後でも、当然、新しい住居というのは必要なので、多くの方は、賃貸マンション等に移られることになるので、当然、家賃のご負担もその後はかかることになるわけですね。

 

で、こちらの家賃のご負担もありつつ、残債を返済していくというのは、なかなか大変なことなんですけれども。

 

サービサーも、通常は一括の返済等は難しいことは、よく承知しているので、実際に、収入とか生活費の状況を勘案して、支払える範囲でのお支払いということで、話し合いができるケースが一般的です。

 

ま、例えば、月5,000円とか1万円とか、ちょっとずつ、可能な範囲で返済を続けていただくことになります。本日は以上です。」

 

スポンサーリンク