任意売却後の住宅ローンの残債はどうなるの?

任意売却後の残債とは?

今回紹介する動画「任意売却後の残債はどうなるの?」では、最終的に残った住宅ローンはどうなるのかということについて、丁寧に解説されています。

 

次のような点がポイントとなっていましたので、その辺りに注意してご覧になると良いかもしれません。

 

■残債は、基本的に無理のない返済が可能です。
■余裕の範囲内で返済を続けていくという交渉が通常は可能です。
■債権者からの督促を無視したりすると、給料等への差し押さえが行われることもあります。
■返しきれなかった分の残債は、サービサーという会社に債権譲渡されるのが多いです。

任意売却後の残債はどうなるの?【住宅ローン払えない】

 

「今回は、任意売却について、お客様からよくいただくご質問について、お答えをさせていただきます。

 

まず1つ目は、任意売却を行った後に、残ってしまう住宅ローン、これを残債といいますけれども。

 

残債というのは、最終的にはどうなるのでしょうか?というご質問を多くいただきます。残債については、基本的には、無理のない返済が可能です。

 

住宅ローンの負担が、自宅がなくなった後にもずっと一定のまま続くというのではなくて。実際に、移転をされた後でも家賃等の住居費はかかることになりますので、生活費ですね。

 

月々の収入から、生活に必要な住居費ですとか食費、被服費ですとかです。色々な費用を控除して、どの程度の余裕があるかというところで、その範囲内で返済を続けていくという交渉が通常は可能です。

 

ただし、もう担保となっていた住宅がないのだからといって、債権者からの督促を無視したりすると、最悪の場合は、訴訟を起こされたりして、給料等への差し押さえが行われることもありますので、十分ご注意ください。

 

通常の銀行ローンの場合ですと、まず支払いが一定期間滞った後に、保証会社が代位弁済を行って、保証会社が債権者に代わって、その後に保証会社が任意売却の交渉窓口になって、抵当権の抹消同意をしてくれて、自宅の売却をしてくれて、売却代金から、できる限りの返済を行うということになるのですけれども。

 

ここで返しきれなかった分の残債は、一般的には、ある程度の時間が経った後で、債権回収会社、いわゆるサービサーという会社に債権譲渡されるのが多いですね。

 

ですので、残債の返済交渉は、このサービサーと行っていただくケースが多いということになります。今回は以上です。」

 

スポンサーリンク

任意売却について

次の動画「任意売却について」では、事例を用いてかなり詳細に解説されていてわかりやすいものでしたので、内容を理解しやすいと思います。

 

 

「実は、自宅を持っているんですが、ローンがありまして、実はそれを滞納しているんですよ。任意売却という方法があると聞いたんですけれども、それについてちょっと教えていただけないでしょうか?はい、わかりました。

 

今、滞納されているとおっしゃったんですけれども、銀行で住宅ローンを組んでいらっしゃるんですか?そうです、銀行を通しているんですが、住宅金融公庫です。

 

今、何か月ぐらい滞納されているんですか?今、3か月滞納しているんです。わかりました。

 

それでは、任意売却という形ですと、まず、私共が任意売却の動きができるのが、ご相談されている方がローンの滞納が今3か月とおっしゃったんですけれども、これがあと残り3か月滞納してしまいますと、いわゆる事故扱いという形になりまして。

 

一括でご返済をしてくださいという通知が来るんですね。で、一般的になかなか月々ご返済できない方が、一括で何千万円も返してくれよと言われても、返せないですよね。

 

で、そのまま結局返せなくなりますと、今度、銀行の方は、通常これは、住宅金融公庫もそうなんですけれども、保証会社というのがありまして、そちらの方から、お客様から返していただけないんで、一括して返してもらって、今度は保証会社とお客様の方のやり取りになるんですね。

 

で、保証会社は当然一括して返してくださいということなんですけれども。当然、一括でお支払することはできないので、このまま何もしないでいくと、いわゆる競売という形の流れになってきます。

 

で、競売になりますと、一般的には、6か月くらいの間で、出ていかなければならないんですけれども。競売だからと言って、債務がすべて免除になるわけじゃないんですね。

 

任意売却の場合ですと、私共に専任契約というのをいただいて、まず保証会社と交渉して、債務の金額より低い金額で了解して、第三者に転売していくという手続きをとります。

 

その場合、競売が市場価格の約70%ぐらいで落札されていくんですけれども、私共は当然、競売の価格よりも高く販売活動をしていきますので。

 

そうしますと、保証会社、いわゆる債権者ですね。債権者にもメリットがありますし、お客様にも、その競売といって、オープンに広告されて、インターネットですとか、新聞紙上で、競売物件という形ではなく。

 

本当にご自分の意思で売却されて、転居していくんだよという形をとりますので。そういった意味では、任意売却という方が、残ったやはりこちらも競売と一緒で、残債務というのが残るんですけれども。

 

それも無理のない範囲で支払っていきますという、そういう話し合いを、最後の取引の時、もしくは、その前ぐらいになるんですけれども、そういった約束事を決めていきますので。

 

例えば、5万円、10万円を支払っていくということではなくて、1万円ですとか2万円ですとか、今度転居された賃料ですとか収入に見合った形の金額をあくまでも返していきますというスタンスで。

 

かつ、債権者の方には、了解してもらって、売却していくという手続きになります。」

 

スポンサーリンク