競売を回避するなら任意売却?

任意売却ってご存知ですか?

今回紹介する動画「任意売却ってご存知ですか?任意売却の専門家、高橋さんによる任意売却解説」は、任意売却を多くの人に知ってもらいたいという内容になっています。

 

主なポイントは次のような点になりますので、ご覧になる際の参考にしていただければと思います。

 

■任意売却は、競売と比べたら、メリットの方が多いです。
■競売なら不可能なことでも、任意売却なら様々な方法で可能性も出てきます。
■任意売却にも色々な方法があり、家から出なくても、住み続ける方法もあります。

任意売却ってご存知ですか?任意売却の専門家、高橋さんによる任意売却解説

 

「任意売却ってご存知ですかね?住宅ローンで皆さん、物件を購入されると思うのですが、ほとんどの方が、住宅ローンを組んで、夢のマイホームを買われると思うのですけれど。

 

何かのきっかけで、住宅ローンが払えなくなってしまうとき。どんな方でもやはり何か、例えば、リストラにあったりとか、収入減だったりとか、この不景気で予定外のこと。

 

まさかこんなことがということがあると思うのですが、そういった時に、払えなくなると、競売になったり、家を出て行かなければならなくなったり、もう自己破産しなければいけないのかという、そういう不安に苛まれるんですが、そんなときに任意売却という方法で、色々な解決方法が、選択肢が生まれるという売却方法なんですけれども。

 

スポンサーリンク

任意売却ってご存知ですか?任意売却の専門家、高橋さんによる任意売却解説の続き

それは、今、競売っていうキーワードが出ましたけれど、もうお金が払えなくなってしまったら、もう差し押さえられてしまって、競売にかけられるっていうのが一般常識と私思っていたんですよ。

 

そうじゃない、別の方法論というのがあるということですか?そうですね。競売になる前に、銀行さんと話をして、競売を待ってもらって、任意に売却することができるシステムですね。

 

今、悩んでいる方がいらっしゃったら、色々な方法があるので、競売とかだけじゃないということを知っていただきたいなと思って、色々と活動をしております。〜競売はしなくてもいいんです。

 

その上に、住宅ローンが払えない…。でも競売しなくてもいいわけだ。そうです。ほとんどの場合、救われるんですか?救われる場合がほとんどです。ほとんど?そうですね、はい。

 

競売という選択肢に比べたら、メリットの方が多いですし、色々な選択が生まれるということですね。

 

例えば、住み続けたいというご希望があっても、競売だったら不可能なことが、任意売却だったら様々な方法で、可能性も出てくるという。

 

そこだけ聞くと、ミラクルな話で、夢のような話に聞こえるんですけれど。

 

そうですね、ミラクルというか、それに対しては、色々なリスクとかもありますけれど、競売になって追い込まれて、知らないで追い込まれていくよりは、とてもいいことが多いです。

 

実のところ、さっき申し上げたように、一瞬払えてなくなって、払えてなくて、1か月放置してたんですよ。2か月目も放置し始めて。

 

しかも電話がかかってきているのに、留守番電話を放置していたら、銀行さんから電話だったんですよ。考えてみたら当たり前ですよね。一歩間違えたら、競売にかけられているという。

 

ギリギリセーフのところで、何とかお金も作って払って、途方もない状態から抜け出せたという経験があるので、切実にこのここに危機に瀕している場合、大変というのを身を持って体験しているので、よくわかります。

 

一般の方は、そういう状態になると、もうとにかくわからないので、知らなくて、怖くて怖くて、もう電話もでられない、封書も開けられない、もう何とか逃げたいという気持ちになってしまうんです。

 

お金の悩みって、本当に孤独でつらいんですけれども、そこで一歩勇気を出して、銀行さんも相談にも乗ってくれますし、そこで逃げないで、相談に行くことが大事ですね。

 

なるほどって感じなんですけれども、何でこんなに若くておきれいな社長さんが、任意売却っていうことを専門にされている不動産屋さん。他にももちろん普通の売買とか賃貸とかもなさっていらっしゃるんだと思うんですけれど。

 

でも、メインがこちらの任意売却でらっしゃるんですよね。なぜ、これを中心に手掛けて独立しようと思われたのか伺ってもよろしいですか?よく本当に聞かれます。

 

女性で、任意売却とか競売みたいな不動産を専門でやっているというところが、なかなかないので。私、賃貸の不動産屋でずっと店長をやっていまして。

 

その時に、同じちょっと上の40代ぐらいの女性が、本当に切羽詰った状況で現れて、部屋を探していると。家が競売になってしまって、保証人もいなくて、すぐに出て行かなければいけないという状況で、来たんですね。

 

その時、安いアパートを紹介して、何とかなったんですけれども。その時に初めて競売という言葉を目の当たりにして。

 

その時、競売って恐ろしいもので、差し押さえられて、赤紙をペタペタ貼られて、追い出されるんだろうなと思って、ちょっと調べてみたんですね。

 

そうしたところ、任意売却という方法で、競売にならずに回避できる方法があるということを知りまして。

 

そしたら、全く皆さん知らない方が多くて、もうちょっとこの方法を、その時にもあったんですけれども、やっぱりどうしてもダークなイメージというか、競売屋さんとかそういう不動産屋のダークなイメージを、こんな素晴らしい方法というか、任意の再生方法があるのに、なんでこんなに知れ渡っていないのかなと思いまして、クリーンな風を吹かせたいと。

 

で、一般常識として、ダメになったとき、払えなくなったときは、任意売却って方法があるんですよということを世間に知ってほしいという一心で始めました。

 

でもやはり、若い女性が、ただでさえ、会社を起こして独立するっていうだけでも大変だと思いますし。

 

起こしたは良いけれども、お客様がなかなかつかないとか、営業を自分でやるのがなかなか上手くいかないなんて、ご苦労されている社長さん、いらっしゃるとおもうんですけれど、高橋さんの場合はいかがでしたか?

 

私もまさにそうで、全く分からない状況からの任意売却という、全然知らなかったので、一から勉強しながらだったので。1年目はまったく利益がなくて、もう本当に大変な状況に陥りました。

 

ただやっぱり、困っている方を助けるという、やりがいだけで、何とか乗り切ったんですけれども。

 

そうしたところ、2年目にリーマンショックが起きまして、そういう相談が増えまして、その時にテレビで取材を受けて、そうしましたら、すごく相談が増えて、今に至るという感じなんですけれども。

 

では、リーマンショックというのが1つのキーではあったんですね。実際、あの当時、私の知人関係でも、投資に手を出されていた方、たくさんいらっしゃいまして、本当に大変な思いをされていらっしゃる方、たくさん周りにいて。

 

その中には住宅ローンの支払いに困った方、いらっしゃいましたから。その時に、この情報があれば、随分救われますよね。

 

そうですね、あの時は本当に、派遣切りとか、給料カット、リストラというのが本当にすごい数の方が悩んでいたので、もう一気に住宅ローンなんて払えなくなってしまうんですよね。

 

そんな時に追い込まれて、本当に相談数が増えました。一気に増えましたね。特に、何年か前までは、当たり前のように、ボーナス払いとか組んでましたけど、最近はどんどん減らして均等払いで払っていると思うんですけれど。

 

お給料がカットされるぐらいですから、ボーナスなんかないみたいな、そうなった瞬間にアウトですよね。

 

あとは、退職金をアテにして、ローンを組まれて、退職金で完済しようって方もいらっしゃるので、そういう方は、退職金も出ないと。完全に破たんしてしまう。

 

でも誰も予測ができなかったので、本当に大変ですね、そういう方は。でも、そうなった場合でも、任意売却にも色々な方法論があって、家から出なくても、住み続ける方法さえあるというのは、本当に朗報ですね。

 

そうですね、そう思います。なので、払えなくなったから、もうダメだと諦めずに、もう色々な方法があるので、困ってもあまり追い込まれずに、ご相談することが大切だと思います。」

 

スポンサーリンク