40代独身で老後破産しない方法

40歳独身でも老後破綻しない方法とは?

今は、30代、40代でも独身の方が少なくないですよね。そのような方の悩みでやはり多いのが、将来不安のようですね。特にお金の問題が多いそうです。

 

自分の周りの人は貯金しているようだとか、マスメディアなどでその平均値などが公表されると、やはり自分のことも気になってしまいますからね。

 

ただ、独身の方の場合、老後についてそれほど心配するほどのことはないのですよね。実際、お金は結婚をして子供がいる家庭に比べたら、自由にお金が使えるわけですから。

 

要は、浪費をいかにしないかということにかかっているわけです。

浪費をせずに貯金する方法は?

例えば、40代の独身で会社員の場合ですと、結婚している人に比べたらお金は自由に使えますから、貯金だっていくらでもできるわけです。

 

なので、普通に考えれば、貯金は簡単と思いますよね。

 

ですが、そういった考え方が、逆に油断につながってしまい、浪費を繰り返し、結果、貯金ができない人が少なくないようです。

 

独身会社員でしたら、部下に奢ったり、年下の人に奢るということも多いでしょうし、飲みに行っても、一度に多くのお金を使ってしまいがちですからね。

 

また、ファッションにこだわったりする人も要注意です。

 

新たなシーズンが始まると、必ず新しいアイテムを買い足してしまい、給料だけでなくボーナスも使い切ってしまうような人ですね。

 

こうした浪費をなくしていくだけでも、十分に貯金はできます。

 

ただ、若い頃からこうした浪費癖のある人が、40代になったからと言って、突然、貯金を始めるというのはなかなか難しいかもしれません。

 

ですから、ここはやはり、老後が心配というのであれば、具体的な資金計画をしっかり立ててみるということをお勧めします。

 

スポンサーリンク

老後破産しない貯金額とは?

現在は、かなり男女ともに寿命が延びていますが、仮に85歳まで生きるとした場合、年金が毎月10万円もらえますから、65歳以降、2,400万円程度あれば大丈夫だと言われています。

 

なので、退職金が800万円程度あれば、老後資金はあと1,600万円ほどという計算になります。

 

ただ、転職したり起業したりした人の場合、厚生年金の支給額が少なくなりますので、そういったを考慮すると、65歳までに2,000万円は貯めたいですね。

 

2,000万円あれば、贅沢さえしなければ、安心して老後を過ごせる、それぐらいあれば大丈夫ですよということです。

 

40代の人でも月々8万円程度を貯金していけば、2千万円ぐらいは貯まりますよ。

40代独身、貯金100万円で老後が怖い・・・今すべきことは?

ここで、40代の独身の会社員方にとって、老後破綻しないための参考になる動画「40代独身、貯金100万円で老後が怖い・・・今すべきことは?」がりましたので、紹介したいと思います。

 

 

「やはり、こういう話題というのは、コラムでも根本ともなるべきような、本当によく一番よく取り上げられている、観念的な話題だと思うので、これを紹介していきたいと思います。

 

30、40代にもなると、男性も女性も将来不安がどんどん増えていくということで。特に心配なのはお金のことです。

 

そして、周りの人はちゃんと貯金をしているのだろうかとか、平均値から見るリアルなケースを集めて、診断していくと老後怖いみたいな話があるんですけれども。

 

独身生活+老後が心配ということになると、浪費につながったりするわけですよね。

 

ということで、独身サラリーマンならではの、この浪費につながることが、やはり自由にお金を使えることで、やはり問題点となっているところなんはないかなという感じです。

 

で、この40代独身のサラリーマンとなると、やはり既婚者に比べて自由にお金も使える。そして、貯金も簡単に貯まる

 

普通であれば、貯金は簡単に貯まるのではないかと思いがちなんですが、中にはその油断が足を引っ張り、つい浪費に走る人が、油断がこの浪費につながっていくということですね。

 

で、IT企業勤務の大山さんは、年収480万円、現在の貯金は100万円。決して高収入ではないですが、十分、年収480万円と貯金できる年収があるんですが、なぜ、こう貯金額が100万円ぐらいになってしまうのかということですね。

 

独身サラリーマンの人は、年下と遊ぶことが多いことで、つい奢るというか、部下に奢ったりとか、そういうことをしてしまうと。飲みに行くと一度に1万円近くを使ってしまうと。

 

そして、洋服が好き。ということで、ワンシーズンに新しいアイテムを10万円ぐらいは買い足していくぐらいということですね。

 

ということで、いざもらったお金を全部使い切るのが習慣だったんですが、数年前から少しずつこの浪費癖を改め、月3万円ずつ貯金をするように意識し始めたと。

 

しかし、この人は、転職を何回かしていて、フリーで仕事をしていった時期も長かった。ということで、普通の人より厚生年金が少なくなる

 

ということで、少しずつ貯金をしているのですが、なかなか思うように貯まらない。ということで、本当に老後が心配ということですね。

 

フリーだったりとか、転職を繰り返すと、やはり厚生年金が少なくなったりとかして、そういうのに悩む人もいるみたいです。

 

そういうので悩む人も多いですし、やはり浪費癖がある人が、20代とか若いうちに、こういう浪費癖がある人が、今ちょうど思い直して貯めるようになっても、なかなか貯まらないというようなことが起きるということですね。

 

大山さんの場合、やはり食費の6万円とお小遣い6万円が気になる。この収入なら、1か月の食費を4万円ぐらいということですね。

 

お小遣いを3万円ぐらいあればやり繰りできるということで。やはりそういう食費とか基本的なところから、押さえていくというのが大事だと思うのですけれども。

 

そういうふうにファイナンシャルプランナーの人も言っている。老後に怯える前に、具体的な資金計画を立てておこうということですね。

 

一番不安に思っていたことというのが、やはり年金についてということで。悩んでいる人が多いと思うのですけれども。そこに関しては、大丈夫だというふうにアドバイスしています。

 

仮に85歳まで生きるとして、退職金が800万円、年金が付き10万円で20年間貰えると想定できる。

 

すると、自分で用意しなければいけない老後資金というのは、1,600万円ほどというふうになるそうです。

 

この人の場合、フリーの時期が長いので、普通の人よりも厚生年金の支給額が少ないと思いますが。

 

不足分を考慮に入れたとしても、今から8万円ずつ貯金すれば、定年まで2,000万円が貯まるということですね。贅沢しなければ、十分老後を過ごせるぐらいだということですね。

 

具体的に年金ネットなどを見て試算するみたいなのも重要ですね。とにかく年金に関しては、自分で試算を計算してみるというのもいいですし、どのくらいお金が必要なのかというのをチェックするのも大事だということですね。

 

だから、フリーとか、そういうことを経験しているという人でも、今からでも8万円ずつ。40代ぐらいの人でも8万円ずつぐらい貯金していけば、定年までに2千万円は貯まるそうですね。

 

それぐらい大丈夫な話ではあるみたいですよ。この年金という話。他にも見ていきたいと思います。

 

そして、この話題です。年収300万円の男性は、結婚の対象外かどうかという話です。

 

給料が安いから結婚できないと嘆く男性が多く、女性が婚活するときに、相手の収入が重要ポイントになるのも事実だということで。

 

女性が求める収入を稼げる男性がそれほど残っていないことが、結婚できない男女をたくさん生み出しているというのも1つ現状としてあります。

 

結婚相手としての男性の収入の現実ラインといのは、昨今どれくらいなのかということで。年収340万円で結婚をあきらめる男性の嘆きということで。

 

これぐらいの年収だと厳しいと、自分で思う人が多いそうですね。女性がOKと言う前に、自分でこう思ってしまう。

 

いずれは結婚したいと思うのですが、自分の収入を考えると、結婚してくれる人はいないだろうということですよね。

 

契約社員という状況なので、これ以上の年収アップはなかなか望めないと思う。それにいつ首を斬られるかわからないということで、本当に初来が不安だと。

 

将来がもう不安だと言っているんですよ。将来が不安と仕事について思っていて、結婚よりもまず将来が不安。

 

だから、結婚なんてもってのほかだというふうに自分で考えている人というのが結構いるらしくて。

 

同世代より低い年収だからこそ日頃から節約を欠かさないように、一応努力はしているんですが、結婚というのはちょっと難しいと、自分でそう思ってしまう。

 

僕には両親が残してくれた家があるということで、年に6万円から7万円の固定資産税を払うだけで、家賃は0円。

 

両親の家に住む男性も、この例に挙げている男性もそうで、固定資産税を払うだけでいいと。ただ、自炊が好き、そして、出歩かない。やはり自分でできてしまう。

 

家事が自分でできてしまうということも、やはり結婚には向かない男性としての1つの条件。食費や交通費があまりかからない。

 

だから貯金は3万円、多いときは10万円はするように心がけている。というのがその人の考え方なんですけれども。

 

とはいえ、もともとの収入が低いということで、あまり貯金はできていない。家は築40年のおんぼろで、建て替えも考えないといけないのですが、とてもそんな資金はありません。

 

ということで、そういうのに悩んでいる人も多いと。もともとの収入が低いからこそ、こういうことで、ちょっと節約して貯金をしようかなというふうに。

 

で、月に何万円かの貯金をしていても、やはりこういう将来が不安だったり、結婚は無理みたいなことを自分で考える人も多いということですね。

 

夫婦で年収500万円は現実ラインということで。ご家族で住んでいたのなら、持家は独身暮らしには広すぎる。

 

いっそのこと人に貸して家賃収入を得るという手もあるということですね。だから、ご両親の家に住んでいるのであれば、これを人に貸して、家賃収入を得るみたいな。

 

これで定期収入があれば、契約社員という現在の状況に対しても、そこまで心配せずにすむ。みたいなことをこの人の現状からすれば言えることですね。

 

普通の人は違ったりとかはするんですけれどね。

 

寝る場所だけはあるという安心感は大事ですが、建て替え資金がないのなら、最悪、家を売ってしまえば、土地代だけでもまとまった金額が入る。

 

このままあとは順当に貯金していけば問題ないということですね。それに関しては、その人個人個人であると思うんですけれども。

 

今の日本では年収300万円から400万円の人は、多いそうですね。女性側にしてみても、結婚後に専業主婦になれるなんて思っている人は少ないそうですね。

 

やはり夫婦で働く。夫婦で年収500万円みたいなのが現実ラインにしているということで。

 

自分が年収340万円でも、奥さんがパートなどで200万円ぐらい稼いでいれば、年収500万円になるわけですし。

 

むしろ、自分も相手も今よりも良い生活ができるみたいな現実ラインを超えていくことですかね。

 

一方で、未婚女性が結婚相手を求める最低年収というのが、400万円未満が20代で38.2%、30代が34.2%と、女性の方も現実的だということですね。

 

やはりこの最低ラインというのがこれ以上だと。これ以上ないとちょっと現実的に考えていって厳しいのではないかというふうに考える。

 

それは男性にしても女性にしても多いそうですね。そう考えると年収300万円台で結婚対象外だと考えて思いこむのは、男にとっても女にとっても勿体ない話だと思います。

 

むしろ2人なら生活できるレベルがアップすると、前向きに考える方が良いのではないでしょうかということですね。

 

子供ができるにしてはちょっと厳しいかもしれませんけれども。

 

夫婦で生活すればこういう分担ができるかもしれませんし、生活のレベルがアップするみたいなふうになるのではないかなというようなことが言われていて。

 

なまじ結婚できないという、年収が低いからだけで結婚できないというふうに考えるのは良くないのではないかなと。で、貯金が上手い人はどういう人なのか。

 

物を捨てられる人というふうにコラムで紹介されていたんです。

 

年収600万円以下で、貯蓄が年収以上を達成している30代男性100人にアンケートを取ってみると、貯金術の常識を覆す共通点があったということです。

 

その貯められる人の生活習慣のランキングというのを見てみますと、1位が人の相談に乗るより、自分の相談に乗ってもらうことが多い。そういうことですね。

 

それが1位なんですけれども、2位に物は思い切って捨てられるタイプだというのが入っています。

 

で、3位とかからは、他にも色々とありまして、外に出かける人だとか、体型が変わらない、友人関係が狭く深くよりも、広く浅くだったりとか。

 

意外にも転職したことがあるだとか、地図を読むのが得意、寝る前には必ず風呂に入る、仕事プライベートにかかわらず、待ち合わせ時間より早く到着する、メールの返信は早い方だとか。

 

そういうのが出ていますね。で、この生活習慣で予想以上に高かったのがこれですね。

 

貯まる人なら、一度買ったものならば長く大切に使いそうなものなんですけれども。そもそも、物に対してあまり執着がないと。

 

かつ、最低限あればいいということで、新型のテレビにすぐ手を出すようなこともないということで、何でもかんでも買ってしまう人に限って、実は物が捨てられないという傾向にある。

 

何でもかんでも買ってしまうということで、実は物が捨てられなくなってしまうということですね。

 

物に対してあまり執着がないということで、物を捨てられる人が予想外に高かったということですね。新型のテレビでもすぐに手を出さないみたいな。

 

家具が最低限あるだけみたいな感じですね。また、意表をつかれたのは、友人関係が広く浅く。付き合いが広いとお金がかかりそうなんですけれども。

 

確かに、1次会でさっさと帰れるような浅い付き合いが上手い人というのは、貯金力がありそうに思われますよね。

 

そういう、時には広く、時には浅くという、使い分けが友人関係でもできているということですかね。

 

7位にあった地図を読むのが得意に関しては、空間把握が得意な人は、貯蓄に関しても長期的な視野で計画を立てられる。

 

どういう将来とかを見据えて考えられるみたいな。空間把握が得意だからこそできるみたいな。

 

ま、しっかりしている人が、割とこうやっぱり、待ち合わせ時間より早く到着するだとか、メール返信が早いだとかも、そういうことに絡んでくるのかなというふうに。

 

全体的に要領が良さそうな共通点。要領よく生きているみたいなそういうことですかね。そういう人が貯金が上手いのではないかなということですね。

 

色々な話があると思うのですけれども、こういう人がなるそうですね。そういうので貯金も貯めて老後にも向けていってはいかがでしょうか。」

 

スポンサーリンク