妊娠・出産でお金をもらう方法

妊娠や出産の費用は健康保険が使えない!

老後破綻や破産をしないためには、国や自治体から、もらえるものはしっかりもらって、家計を支えることが大事ですよね。

 

さて、妊娠や出産をすると、国からお金がもらえるというのは、何となく知っている方は多いと思います。

 

妊娠すると、役所から母子手帳をもらいますけれど、その際、妊婦健診の受診票も一緒にもらうのが一般的です。

 

でも、妊婦健診って、健康保険が使えないって知ってましたか?これは、妊娠や出産が、病気ではないからなんですね。

 

妊婦健診は、月1回あったりしますけど、これも自費なんですよ。ただ、実際には、こうした費用については、国や自治体がサポートしてくれています。

 

スポンサーリンク

妊娠するとお金がもらえるの?

前述したように、妊婦健診などに健康保険が使えないからと言って、全部自費になってしまうと、それこそ子供を産もうと思う女性が少なくなってしまいますよね。

 

それに、お金のことを気にして、妊婦健診に行かなくなってしまうと、子供の健康も心配です。

 

なので、現在は、国から妊婦健診の無料券をくれるんですね。これは、おおよそ14回分になります。実際には、妊婦健診が無料で受診できるというわけですね。

 

それから、現在お住まいの自治体でも、子育て家庭に対するサービスが充実していますので、それらも活用するようにしたいです。

 

具体的には、児童館の情報とか、母親学級、家庭的保育者(保育ママ)などの制度ですね。

 

出産するとお金がもらえるの?

出産すると、健康保険から、出産一時金として1人につき42万円がもらえます。つまり、双子なら84万円もらえるということです。

 

こちらは、本人が働いている場合は、自分の健康保険に申請すればOKです。もし、働いていない場合は、夫の健康保険に申請すればOKです。

出産後もお金がもらえるの?

妻が働いていて、出産後も働き続けることが前提の場合、産前産後の手当がもらえるというありがたい制度があります。

 

具体的には、出産前の42日間と出産後の56日間の合わせて98日間、給料の3分の2をもらうことができるんです。

 

実際、給料が30万円だったとすると、1日につき1万円と計算されますので、その3分の2というと、1日6,600円になります。

 

この6,600円を98日間もらえるわけですから、かなりありがたいですよね。

 

それから、産休後に育休を取るケースが増えていますよね。

 

そのような場合、子供が1歳になる前に育休を取ると、初めの半年間は、妻の賃金の67%が雇用保険からもらうことができるんですよ。ただし、その後は50%に減額されてしまいます。

 

ただ、その半年後に、今度は夫の方が育休を取ることができれば、夫も同様に、初めの半年は賃金の67%を雇用保険からもらえるんです。

 

なので、2人で育休を取れば、何と300万円ほどのお金が国からもらえることになるんです。

 

こうした制度を上手く使って、老後破綻や老後破産しないように、その分をしっかり貯蓄に回したいですね。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える 編】妊娠・出産でもらえるお金

ここで、妊娠、出産によって、国からお金をもらう方法について、とてもよくわかる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、妊娠・出産でもらえる国からのお金というふうにお話ししていきます。例えば、妊娠がわかったら、役所に行って母子手帳をもらいますよね。

 

で、その時に通常だと妊婦検診の受診票というのをもらうんですね。ご存知のように、妊娠・出産というのは、病気ではないので、健康保険は使えないんです。

 

なので、月1回の妊婦健診なんかも基本的には自費なんですね。

 

ただそうすると、自費なのでお金出すのが大変だなという方が、なかなか妊婦健診に行かなくなっちゃって、結局、赤ちゃんの健康を守れなかったりする。

 

そういったこともあって、今、国では大体14回ぐらいの妊婦健診の無料券というのを渡しています。

 

それからやっぱり自治体では、子育て世代に対するサービスというのが充実しているんですね。

 

お母さん学級とか、保育ママさんとか、児童館の情報とか、そういったものも、ぜひお住まいのところで確認するといいのかなと思います。

 

それと出産すると、出産一時金という形で42万円、健康保険からもらえます。ご本人さんが働いている場合には、自分の健康保険に申請をします。

 

働いていない場合にも、ご主人さんが健康保険に申請します。で、1人につき42万円なので、双子ちゃんの場合には84万円ということになります。随分助かりますよね。

 

それと、女性の方が働いている場合には、働いて出産後も働き続けることを前提にしている場合には、産前産後の手当というものがもらえます

 

出産の前の42日、出産の後の56日、合計98日について、お給料の3分の2をもらえるんですね。

 

例えば、30万円のお給料をもらっていると、1日当たりの日当が1万円という計算になるんです。

 

それの3分の2ですから、1日6,600円を98日間もらえることになります。これもかなり家計の助けになります。

 

他にも、産後のお休みをもらった後、育休を取る場合、お子さんが1歳になる前に育休を取ると、最初の半年については、奥さんの賃金の67%、雇用保険からお金がもらえるんです。

 

その後は50%に減額されるんです。最近は、パパも育休を取ったりするじゃないですか。

 

なので、経済的に言うと、産後のお休みを取った後、最初、女性の方が育休を取ります。で、半年したら、選手交代で、今度はパパが育休を取ります

 

そうすると、パパにとっては、最初の6か月は67%の賃金がもらえるので、経済的に言うと、年間で300万円ぐらい国からお金がもらえたりします。」

 

スポンサーリンク