介護保険をお得に利用する方法

介護保険は老後破綻から守ってくれるの?

介護保険は、日本では平成12年からスタートしたですが、様々な問題もあり、また課題がありつつも、今では、もうなくてはならない制度として定着していますよね。

 

介護保険というのは、40歳以上の人が健康保険に上乗せされて、保険料を負担する仕組みになっています。

 

例えば、40歳を過ぎて、若年性の認知症になったり、要介護状態になったりしたら、介護保険から、色々なサービスを受けることができます。

 

しかも、そのサービスは、一定の限度額以内であれば、1割負担でいいので、ぜひこの制度のことを知って、介護をきっかけに老後破綻や老後破産をしてしまうリスクを軽減させたいですね。

 

スポンサーリンク

介護保険のサービスとは?

前述したように、介護保険のサービスと言っても、介護状態に合わせて、色々とあるんですよね。

 

介護状態というのは、ケアマネージャーさんなどが認定調査を行って、その人がどういった介護レベルにあるのかを調査するものです。

 

それによって、要支援とか、要介護1〜5に区分されるわけです。この区分が結構重要です。

 

というのは、この介護レベルが重くなるに従って、介護サービスの内容や負担してもらえる金額が全然違ってくるからです。

 

例えば、東京都の場合ですと、寝たきりの人で要介護5ですと、介護保険で毎月360,650円までのサービスを受けることができます。

 

といっても、1割は自己負担になりますので、360,650円分のサービスを全額負担してもらえるわけではないです。

 

つまり、仮に、今月は30万円分のサービスを受けたとしたら、3万円は自分のお金を支払う必要があるわけです。

 

ちなみに、受けられる介護サービスですが、主なものは、次のようなものですね。

 

■訪問入浴
■訪問介護
■デイサービス
■福祉用具のレンタル
■ショートステイ...など

 

こういったサービスを、その人の要介護状態に合わせて、例えば、訪問介護は週何回受けるかとか、訪問入浴は週に何回くらい利用するか、ヘルパーさんにはどれくらいの頻度できてもらうななどを、組み合わせて利用するんですね。

 

こうした計画は、もちろん自分や家族でやってもいいのですが、一般的には、ケアマネージャーさんに頼んで、ケアプランという介護計画を立ててもらいます。

 

ケアプランの費用は、介護保険で負担してくれるので、ケアマネージャーさんに頼んだからといて、お金を取られることはありません。

 

なので、介護してくれる家族と相談しながら、専門家であり、色々な横のつながりもあるケアマネージャーさんに、お任せした方が安心かもしれませんね。

 

で、実際に、親の介護が必要になったと言った場合の窓口なのですが、これは介護を受ける人の住まわれているところになっているんですよね。

 

なので、例えば、親は地方にいて、子供は東京にいるような場合には、窓口は、親が住んでいるところになります。

 

現実問題として、親が地方に住んでいて、息子や娘が東京にいる場合には、なかなか情報を取るのが難しいと思います。

 

いざというときに、慌てなくて済むように、そろそろ親の介護が必要になるかもしれないと思ったら、帰省した際などに、親の地元では、介護サービスはどうなっているのかということを調べてみるのもよいと思います。

 

なお、介護サービスを受けることになったら、全てのサービスの窓口は、ケアマネージャーさんになるので、経験があって、信頼できるケアマネージャーさんを見つけておくというのもよいと思います。

 

長いお付き合いになりますので、ケアマネージャーさんを選ぶ際には、上手くコミュニケーションが取れそうな人ということを重視してくださいね。

 

ケアマネージャーさんといっても、ピンキリですからね。(^-^;

 

あくまでも基本は会社の業務時間内しか対応してくれないという人もいる一方で、会社に属していても、個人的に土日祝祭日、夜間でも、いつでも気持ち良くコミュニケーションを取れる人まで様々ですので・・・。

 

狭い世界ですから、地元の評判などは、ある程度のことは、介護関係の人に聞けばわかりますので、上手く情報収集してくださいね。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える 編】介護が必要になったら?

ここで、介護保険やそのサービスについて、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、介護が必要になったら?というお話しをしていきます。今回は介護保険についてお話しをしていこうと思うんですね。

 

介護保険というのは、皆さんもご存知のように、40歳になったら、健康保険の上乗せという形で、介護保険医療負担をするようになります。

 

なので、40歳以上になって、例えば、自分が若年性のアルツハイマーとかになって介護の状態になった場合には、介護保険からサービスを受けることができるんです。

 

これが介護保険なんですね。

 

介護保険というのは、具体的にどういったサービスになっているかというと、介護の状態でも、皆さんも聞いたことがあると思うのですが、要支援とか、要介護1とか3とか、色々な段階があるんですね。

 

これは、その方の体の状態とか精神の状態などを、ケアマネージャーさんとお医者さんが確認をして、その方に必要なサービスはどういったものがあるかということを調べるためにとうきをつけるんです。

 

これは、要介護5、寝たきりで、もう必ずお手伝いが必要な方の場合に、東京都の場合には、介護保険で、月360,650円までのサービスが受けられる権利を得ることができるんです。

 

これが介護保険なんですね。例えば、360,650円のプログラムを、まぁ、メニューですね。

 

その中で、お風呂を週に何回使うとか、お食事サービスを何回使う、訪問看護を何回受けるというような、メニューの中から自分でプログラムをアレンジして、必要に応じてサービスを受けるんです。

 

例えば、360,650円の上限だけれども、今回サービスを30万円分使いますというと、自己負担1割、3万円の自己負担で、そういった介護サービスを受けることができるんです。

 

ただ、今回動画を見てくださっている方って、ほとんどが自分自身の介護というよりも、親の介護の方がたぶん先に考えるべきところだと思うんですが。

 

介護保険の大事な点は、介護を受ける方の地元、お住まいのところが窓口だということになるんです。

 

例えば、親御さんが地方に住んでいらっしゃって、今、いっしょにいませんよといった場合に、親御さんの介護の状態があって、色々な情報を得ようと思っても、例えば、東京に息子や娘が住んでいると、なかなか情報が取れなかったりするんですね。

 

これ私の個人的な経験からも言うのですが、いくら健康な方でも70歳を過ぎてくると、段々できないことが増えてきます。

 

いざとなって、介護の状態になって、慌てるよりも、時々帰省した際に、親御さんの地元では、どこでどういうサービスが得られるのか、信頼できる方はどなたかいらっしゃるのかということを、情報収集をしてみると、いざ介護の状態で必要になったときに、慌てなくて済むと思います。

 

何事も普段からのコミュニケーションが一番大事なのかなと思います。介護の状態では慌てないように、情報収集をしてみてください。」

 

スポンサーリンク