年金定期便で老後の保障額を知る方法

老後の年金はみんな違うの?

年齢が50歳を超えてくると、さすがに老後のことが気になってくるようですね。

 

最近、ニュースや新聞などで、住宅ローン破綻や、老後破綻、老後破産のような話題が取り上げられるようになったことも一因でしょうか。

 

ただ、老後のお金、例えば年金についていうと、その人の年齢や、それまでの仕事内容によっても、全く違ってきますので、その点には注意が必要です。

 

なので、老後の年金は、あくまでも個人個人で違うんだということを押さえておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

年金定期便をチェックする方法

現在、年金を受け取っている方って、いくらくらいもらっているかってご存知ですか?

 

会社員だった方の平均ですと、国民年金で80万円、厚生年金で120万円ぐらいだそうです。

 

両方を合わせると合計で200万円ですから、世間一般で言われているように、そんなに少なくないと思いませんか?

 

もちろん、温泉巡りをしたり、海外旅行に行ったりといった豊かな老後を送るには、少ないかもしれませんが、最低限の生活を送る分には十分ですよね。

 

でも、これは、あくまでも一会社員の例であって、みんなが同じ会社に勤務しているわけではありませんので、そこには注意が必要になります。

 

ポイントは2つあって、1つは、厚生年金です。

 

1つ目の厚生年金についてですが、この金額は、個々人の給料がいくらだったのかによって、まったく金額が異なってくるのです。

 

なので、平均値などはあまり当てにしない方がいいですね。

 

2つ目は、年金の受給開始時期です。

 

つまり、年金をもらい始める時期によって、人それぞれ、かなり年金をもらえる金額が違ってくるということです。

 

国民年金をもらい始めるのは65歳ですが、厚生年金は、人によって全く違ってきます。

 

厚生年金には、古い制度がまだ残っていて、特別支給の老齢厚生年金というのがあるからなんですね。

 

つまり、人によっては、60歳から特別支給の老齢厚生年金を受け取れたり、62歳や65歳から受け取れたりするのです。

 

実際、2013年の4月1日に60歳になった人は、60歳から毎月10万円の特別支給の老齢厚生年金がもらえています。

 

特別支給の老齢厚生年金を60歳からもらったり、62歳からもらったり、65歳からっていう方もいるわけです。

 

例えば、2013年の4月1日に60歳になった人たちは、60歳から月々10万円の特別支給の老齢厚生年金をもらい始めになります。

 

一方で、2013年の4月2日に60歳になった人たちは、これが1年遅れますので、たった1日生まれ違いで、120万円(10万円×1年)の年金が少なくなってしまうということになるのです。

 

こうしたことは、年金の受給開始年齢が引き上げられているから起こっているわけですね。

 

そして、この特別支給の老齢厚生年金ですが、さらなる受給開始年齢の引き上げによって、男性ですと昭和36年、女性ですと昭和41年になると、ここの特別支給は、全くもらえないことになっています。

 

1年間に120万円、それが5年間ですと600万円ですから、これがもらえるのと全くもらえないというのでは、老後の生活設計が全く違ってきてしまいますよね。

 

なので、特に今、50歳以上の人は、自分の年金定期便をチェックしてみることをお勧めします。

 

ちなみに、赤い線が引かれたところに、年金がいつからいくら受け取れるのかということが書かれていますので、そこを見てくださいね。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】50歳以上の年金定期便の見方

ここで、年金定期便について、なぜ50歳以上の人が、すぐにでもチェックしなくてはいけないのかについて、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、50歳以上の年金定期便についてお話しをしていきます。やっぱり、50歳ともなると、さすがに老後のことが気になるという方が多いと思うんですね。

 

私もそろそろ50歳になりますけれども、やっぱり若い頃とは違って、老後に対しての関心て深くなってきたように思います。

 

大事なことは、特に会社員さんにありがちなんですが、自分の先輩、会社の先輩や同僚と横並び意識を持ってしまって、先輩と同じような老後を自分も過ごすんじゃないかと思ってしまうことがあるんですね。

 

これはちょっと違いますよというお話しを今回はしていきたいと思います。

 

会社員さん、OBさんが、今年金をどれぐらいもらっているのかというと、平均値で、国民年金が80万円、厚生年金が120万円、合計200万円と言われています。

 

ま、これだけで生活できるかというとそうではないかと思いますが、それなりの年金の金額をもらっていると理解していただけるんじゃないかなと思うんです。

 

ただこれが、みんながみんな同じ会社に勤めていれば、同じ金額をもらえるかというとそうではないんですね。

 

特に厚生年金の部分というのは、それまでも給料がいくらだったのかによって、大きく金額が増えたり減ったりするんです。

 

それともう1つ。もらい始めの時期が違うんですね。例えば、先程お話しをしたように、国民年金は80万円ていうふうにお話ししましたが、ここは65歳からもらい始めなんです。

 

なんですけれども、厚生年金というのは、昔の制度の名残があって、人によっては、特別支給の老齢厚生年金を60歳からもらったり、62歳からもらったり、65歳からっていう方もいらっしゃるんです。例えば、2013年の4月1日にお誕生日を迎えて60歳になった方、この方たちは60歳から月々10万円の特別支給の老齢厚生年金をもらい始めになります。

 

でもお誕生日が翌日、4月2日の方は、1年遅れなんですね。簡単に言うと、120万円もらう年金が少ないということなんです。

 

このように、どんどんどんどん、受給開始年齢が引き上げられていて、男性で昭和36年、女性だと昭和41年になると、ここの特別支給は、全くもらえないことになるんです。

 

年間120万円の年金が5年間もらえるかもらえないかといったら、600万円の差がつきます。

 

このお金の差を知っているか知らないかによって、生活者保障って変わってくるんですね。

 

ですので、50歳以上の方は、必ず自分の年金定期便、ちょっと小さくて見えないかもしれないんですが、赤い線を引いたところに、いつからいくらというのが書いてあります

 

これが61歳なのか63歳なのか、その方によって違ってきますので、まず年金定期便で、自分の年金を確認して老後に備えていただければなと思います。」

 

スポンサーリンク