得する失業保険のもらい方

失業保険とは?

失業したら失業手当てがもらえるというのは、何となく漠然と知っていますよね。

 

でも、失業手当てについて、いつからいつまで、いくらくらいもらえるのって言われると、詳しく知っているという人は、それほど多くないのではないかと思います。

 

失業手当てと言っても、失業したら、みんなが一律で、同じ期間、同じ金額をもらえるわけではありません。

 

なので、その辺のところをよく知っておいていただきたいなと思います。

失業手当てをもらう方法は?

会社の倒産とかリストラされて失業するという話は、今では珍しい話ではないですよね。そんな時に失業手当てがもらえるのは、とてもありがたいわけです。

 

でも、ちょっと待ってほしいんですよね。というのは、そもそも失業手当てというのは、誰でももらえるお金ではないからです。

 

基本的に、失業手当ては、雇用保険に入っていた人だけがもらえるお金なんですね。

 

ですから、もし勤務先の会社が雇用保険に入っていなかった場合とか、短期間しか働いていなかった場合には、そもそももらえないものなんです。

 

スポンサーリンク

失業手当はすぐにもらえないの?

会社を退職した場合、失業手当はすぐにもらえるって思っていませんか?

 

実は、会社の辞め方によって、失業手当のもらえる時期が異なりますので注意してくださいね。

 

会社の倒産やリストラによって、辞めざるを得なかったような、つまり会社都合で失業してしまったようなケースは、ハローワークに申請すれば、7日間の猶予を経た後、直ちに失業給付を受けられます

 

これは、できるだけ早く失業手当を給付してあげないと、失業した人が困ってしまうからですね。

 

一方で、自己都合で会社を辞めた場合は、上記の7日間の猶予からさらに3か月の猶予期間があって、それから失業給付を受けることができることになっています。

 

しかも、この猶予期間は、月2回、ハローワークに必ず出向いて、就職活動をするということが条件になっているんです。

 

このように、会社の都合で辞めざるを得なかった人と、自分の都合で会社を辞めた人とでは、失業手当がもらえる時期が全く違ってきますので、この点は覚えておいてくださいね。

 

なお、失業手当の金額については、その辞めた人が何年働いてきたのかや、年齢によっても変わってきます。

 

例えば、就業するのが困難な人の場合は、より長期にわたって給付を受けられたりするのですが、こういったことについては、ハローワークのホームページを見ると記載されていますので、チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

失業手当の延長はできるの?

会社を辞めたものの、例えば、お子さんが病気だとか、親の介護が必要になったとかで、しばらく求職活動ができないという場合がありますよね。

 

そんな時には、ハローワークに申請すると、失業給付の延長ができることになっています。具体的には、最長で3年間、失業給付を受ける権利が延長できます

 

なので、仕事を辞めてもすぐに求職活動できない事情がある場合は、雇用保険の延長申請をしてみてくださいね。

 

後に、求職活動を始めた際に、失業給付があるのとないのでは、余裕が全然違いますからね。

【夢を叶える 編】失業したらどうなる?

ここで、失業した場合の失業手当について、とても具体的でわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

「今回は、失業したらどうなる?というお話しをしていきます。

 

皆さんもよくご存知のように、会社を辞めたら失業手当てがもらえるわけなんですが、そもそも失業手当というのは、雇用保険に入っていないと、もらえない手当なんです。

 

なので、短期間でしか働いていなかったとか、雇用保険に入っていないような会社に勤めていたとなると、そもそももらえないんですね。

 

それと、失業手当というと、会社を辞めるとすぐにもらえるものって思っている方も、実はいるかもしれないですが、会社を辞めた理由によって、いつから失業手当がもらえるかっていうのが変わってくるんです。

 

例えば、会社都合で仕事を辞めた場合、会社都合って何かというと、会社の倒産とかリストラによって、自分の意思とは関係なくお仕事を失ってしまうケースです。

 

その場合には、やはり明日から仕事がないわけですから、困りますよねってことで、ハローワークに申請して7日間の猶予期間を待って、それから失業給付を受けることになります

 

これが会社都合の場合ですね。じゃ、自己都合の場合はどうなるのというと、自己都合の場合には、先程の7日+3か月の猶予期間があるんです。

 

この間は待期期間というのですけれども、この間月2回、必ずハローワークに行って、就職活動するという条件のもと、給付をもらうことになるんですね。

 

なので、自己都合の場合には、自分の都合で会社を辞めたので、失業給付ってすぐにはもらえないよということをご理解しておいていただければなと思います。

 

また、じゃ失業手当って、一体いくらもらえるの?何日間もらえるの?っていう疑問もあるかと思うんですが、それは、その方が何年働いたのかとか、あと年齢は何歳なのかによって、お給料の割合と、それから何日間というのが変わってきます

 

例えば、就業が難しいような方は、より長く給付をもらえたりするんですが、それもケースバイケースなので、関心のある方は、ハローワークのホームページで確認していただくといいと思いますね。

 

それと、事情があって、例えば、病気療養とかお子さんの出産とかで、会社を辞めたけど、しばらく求職活動しないようなケースってあると思うんですね。

 

その時には、ハローワークに延長を申請します。そうすると、失業給付をもらえる権利を、最長で3年間延長することができるんです。

 

で、また求職活動を始めたときに、失業給付をもらって、色々な情報を聞きながら求職活動ができるので、事情があってすぐにはお仕事を探せない場合には、雇用保険の延長というのをぜひ覚えておいて、申し出をしてみてください。」

 

スポンサーリンク