年金保険で節税する方法

節税で老後資金をつくるとは?

今の時代、公的年金だけでは、老後の生活が苦しいだろうなというのは、多くの人が予想していると思います。

 

住宅ローン破綻や老後破綻・破産を回避するためにも、やはりできるだけ早期に貯蓄をしていくことが大切ですよね。

 

そこで、できるだけ有利に貯蓄をしていきたいわけですが、現在は超低金利時代ですから、銀行等で積み立てをしているだけでは、お金はなかなか増えていきません

 

株や債券等、投資によって資産運用という考え方もありますが、ここでは、節税を使って、運用利回りを上げる方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

年金保険を使った節税とは?

ここで節税というのは、わかりやすく言うと、税金の還付を利用することです。

 

年末調整で保険料控除を受けると、支払った保険料の一部が戻ってきますよね。それを利用するんです。

 

まずは、年金保険ですね。

 

年金保険というのは、保険会社に毎月掛金を保険料という形で納めていくと、60歳から一定期間まとまったお金を受け取ることができるというような保険です。

 

これも保険なので、年末調整で生命保険料控除が受けられます。つまり、税金が戻ってくることになります。

 

どのくらい戻ってくるかというと、年収500万円のサラリーマンで、所得税率が10%程度の人でしたら、毎月2万円の保険料を支払っている場合で、税金が6,800ほど戻ってきます。

 

年間24万円に対して6,800円の戻りですから、これは24万円のお金を約3%で運用したのと同じ効果があるわけです。

 

預貯金で金利が3%なんて、今の時代考えられませんので、かなり運用利回りが良いということがわかると思います。

確定拠出年金を使った節税とは?

上記と同様、確定拠出年金でも税金の還付を利用した資産運用が可能です。

 

例えば、年収500万円の会社員が、確定拠出年金を利用して、毎月2万円ずつ積み立てをすると、48,000円の税金が戻ってくる計算になります。

 

なぜ、こんなに税金が戻ってくるのかというと、掛金に対して全額控除を受けられるからなんです。

 

前述の年金保険は6,800円でしたから、48,000円の税金の戻りというのは、かなりお得だということがわかっていただけると思います。

 

ちなみに、確定拠出年金は、国の制度ではありますが、窓口は金融機関になっています。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】節税しながら自分年金

ここで、年金保険と確定拠出年金を使った節税について、とてもわかりやすく解説している動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、節税しながら自分年金を作る方法についてお話しをしていきます。

 

今、私たちの時代って、公的年金だけでは、老後の生活が成り立たないってことは、皆さん認識していることだと思うんですね。

 

なので、何かしら、自分で貯金をしていかなければって思っている方が多いと思うんです。

 

じゃ、それどうやってやったらより得に、自分年金が作れるのかって話を、今回していきたいと思います。例えば、銀行で積み立てをする

 

これは堅実な方法でいいと思うんですけれども。積み立てをしてただけで金利が付いてちょっとずつ増える、ここはメリットなんですが、特別に税金が戻るような仕組みはないですよね。

 

今、私たちが使える制度の中で、2つ、今日は税金が得する自分年金作りの方法をご紹介していきます。

 

まず1つ目が、保険会社さんがやっている年金保険です。皆さんもやっている方、多いと思うんですよね。

 

今から月々の保険料という形で、保険会社に納めていて、60歳から10年間まとまったお金を受け取るみたいな年金保険です。

 

これですると、ご存知のように、年末には生命保険料控除というふうにすると、税金が年末調整で戻ってくるわけです。

 

例えば、年収500万円で所得税率10%ぐらいの方だと、月々2万円。保険料を納めて、大体税金の戻りが、所得税と住民税を合わせて6,800円戻ってくるんです。

 

24万円トータルで払ったお金の戻りが6,800円ですから、3%弱の運用利回りとして考えると、これはやっぱりお得ですよね。

 

なので、節税というポイントは、ぜひ使ってほしいなと思うんです。それともう1つ。確定拠出年金ていう、これは国の制度になっていて、窓口は金融機関なんですね。

 

確定拠出年金という制度。これは、先程の年金保険より、もっともっと税金が得する制度なんです。

 

先程と同じように、月々2万円、年収500万円の方が、将来のために積み立てをしました。

 

先程の年金保険の税金の戻りは6,800円だったんですが、確定拠出年金で月々2万円ずつ積み立てをすると、税金の戻りが48,000円になるんです。

 

これは掛金が全額所得控除という特別な国の優遇を受けているので、これだけの税金の戻りがあるんですね。

 

当然ながら、6,800円が戻るよりも、48,000円が戻った方が嬉しいじゃないですか。

 

ただ、これ金融機関があまり積極的にお知らせするような制度ではないので、今回はプレゼントという形で無料の資料をご用意しました。

 

確定拠出年金についてご興味のある方は、ぜひホームページからダウンロードしてみてください。月々の掛け金が全部戻りますので、これはお得な自分年金制度です。」

 

スポンサーリンク