ねんきん定期便の利用方法(30代、40代)

年金定期便とは?

年金定期便というのは、毎年の誕生月に葉書サイズで届く、年金がいくら受け取れるのかが書かれている書類のことです。

 

ちなみに、35歳、45歳、59歳の人は、葉書ではなくて封書で届きます。これは、この年齢の人に特に重要なお知らせがあるからです。

 

50歳になっていない人の年金定期便では、赤線で引かれた部分の加入実績に応じた年金額を確認していただければOKです。

自分のもらえる年金額を知る方法は?

前述したように、年金定期便の赤線で引かれた部分の加入実績に応じた年金額を見ていただくと、自分がもらえる年金額がわかります

 

ここで注意していただきたいのは、あくまでも、そこに記載された金額は、現時点で確定している年金額ということなんですね。

 

なので、30代の人ですと、まだ年金を10年間しか納めていないわけですから、当然、思ったよりも少ない金額となっているはずです。

 

これから60歳まで年金を支払っていけば、もらえる年金額も徐々に増えていきます。

 

ただ、これから60歳まで会社員として働くのか、フリーになったりして国民年金でいくのかによっても、もらえる年金額は変わってきます。

 

会社員でしたら、国民年金に上乗せする形で、厚生年金がもらえるからですね。

 

このような自分の年金がいくらくらいになりそうだというのは、日本年金機構ホームページ、ねんきんネットでシミュレーションすることができます

 

なので、ぜひ一度は試算してみていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】50歳未満のねんきん定期便の見方

ここで、50歳未満の年金定期便の見方について、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、50歳未満のねんきん定期便の見方についてお話しをしていきます。皆さんは、年金定期便、ちゃんと見てますか?

 

年金定期便というのは、今、葉書サイズになっています。で、毎年、毎年、お誕生月に届きます35歳、45歳、59歳の人は、葉書ではなく封筒できます

 

なぜ封筒でくるのかというと、特別バージョンで、すごく重要だからなんですね。で、年金定期便ってすごく大事な資料なんですが、結構、見ていない人もいるんです。

 

例えば、50歳未満の方の年金定期便、こんな感じになっています。ちょっと見えないかもしれないんですが、大事な点は、ここの赤い線です。

 

何が書いてあるかというと、これまでの加入実績に応じた年金額

 

これは、例えば、30歳の方であれば、30歳の時点で、今確約されている国からもらえる年金額ということなんです。

 

これで、何も知らないで見てしまうと、え、年金これしかもらえないの?と思うかもしれないんです。でもこれ、年金少なくて当然なんです。

 

なぜかというと、30歳でもらう年金定期便は、これまでの期間が20歳からの10年間しかないですよね。

 

当然、年金定期便に記載されている部分は、ここまでの記録に対する年金なので、少なくて当然なんです。

 

でも、大事なことは、これから60歳まで働くことによって、加算できる年金額が、どのくらいあるのかということが最も大切なんです。

 

例えば、今、お給料が40万円です。30歳です。

 

これから30年間、60歳まで、大体同じ給料で働くことが見込めるかなという方の場合に、これからの働き方でもらえる年金額は、国民年金で約60万円プラスできます。

 

厚生年金で約80万円プラスできるので、あと30年間で年金140万円ほど増やすことができるんですね。

 

でも、もしこの人が、会社員を辞めて、独立起業しますよみたいに、国民年金に入ってしまうと、厚生年金の付与分は増やすことができないので、これからの30年間で増やせる年金は、約60万円のみということになります。

 

このように、会社員で働くのか、自分で国民年金として働くのかによって、これからもらえる、増やせる年金が違ってくるんですね。

 

で、こういう情報は、実は国はきちっと準備していて、検索を「ねんきんネット」という形で検索をしていただければ、これからどれくらい年収上げて働いていくと、年金がいつからいくらぐらいもらえるのかなってシミュレーションすることができます。

 

年金は随分先の話と思わずに、一度ねんきんネット、チェックしてみていただくといいのかなと思います。」

 

スポンサーリンク