専業主婦の年金保険はどうなっているの?

専業主婦の年金はどうなっているの?

年金には、次のような被保険者区分というのがあります。

 

@一号被保険者…学生や自営業の人
A第二号被保険者…会社員や公務員の人
B第三号被保険者…Aの配偶者で、年収が130万円以下の人

 

なので、会社員の奥さんで、年収が130万円以下であれば、上記のBの区分になります。

専業主婦は年金を納めなくていいの?

上記のBの第三号被保険者というのは、実は、非常に優遇されていて、全額免除になっているんです。

 

つまり、年金保険料を全く負担しなくてもよいことになっているんですね。

 

これが、もし自営業の妻が専業主婦ですと、第三号被保険者ではなくて、第一号被保険者になってしまいますので、同じ専業主婦なのに、年金保険料を負担しなければなりません

 

サラリーマンの専業主婦だと全く年金保険料を支払わなくていいのに、自営業の専業主婦だと40年間年金保険料を支払わなくてはいけないというのは、何とも不公平な感じがしますよね。

 

月々15,000円程度の年金を40年間納めたら、800万円ぐらいになりますからね。

 

よく、サラリーマンの妻の年金保険料は、夫が負担しているんだというようなことを言う人もいますが、これは誤りです。

 

どんな人でも、給料が同額であれば、保険料の負担額は同じですからね。

 

ただ、この不公平感については、常に問題になっているので、いずれ改正されるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】専業主婦はお得なの?

ここで、専業主婦の年金保険について、非常にわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、専業主婦はお得なの?についてお話しをしていきます。

 

年金の仕組みには、被保険者区分ていうのがあります。聞きなれないと思うんですが、年金には一号被保険者、第二号被保険者、第三号被保険者というのがあるんです。

 

で、第一号被保険者というのは、自営業の方とか、学生の方を言います。第二号被保険者というのは、会社員の方と公務員の方を指します。

 

第三号被保険者というのは、第二号被保険者の配偶者さんで、年収が130万円以下の方を指しています。

 

で、今、第三号被保険者っていうと、言ってみたら専業主婦ってイメージなんですね。第三号被保険者。会社員の妻で130万円以下の方。

 

で、この方たちっていうのは、実はとっても大きな優遇をされているんですね。例えば、どういうことかというと、Aさん、Bさんがいました。

 

Aさんのご主人は会社員です。Bさんのご主人は自営業者です。

 

AさんもBさんも専業主婦ですと言った場合、Aさんはご主人が会社員なので、第二号被保険者の奥さんだから、第三号被保険者になります。

 

Bさんは自営業者さん、第一号被保険者の奥さんなので、第三号ではなく、第一号被保険者になるんですね。

 

同じ専業主婦なんですけれども、第三号の方は、年金保険料って負担しなくてもいいんです。全額免除です。

 

でも、Bさんの第一号被保険者は、毎月1万5千円何がしかの年金保険料を納めることになります。

 

まぁ、こういうケースはあんまりないんですが、二人とも20歳で結婚して、60歳までずっと専業主婦でしたとなると、第三号被保険者のAさんは、40年間一銭も保険料を払わなくてすみます。

 

でもBさんは、約40年間800万円の保険料を負担します。で、もらえる年金はどうなるのっていうと、65歳から2人は全く同じ年金額を受け取ることができるんです。

 

これではやっぱり、第一号と第三号の同じ専業主婦では差があるよねって言われているんですね。

 

また、会社員さんのご主人が奥さんの保険料を払ってんじゃないのと思っている方もいるんですが、同じ会社員であれば、男性であっても女性であっても、独身であっても既婚であっても、お給料が同じであれば、保険料の負担は全く同じなんです。

 

なので、今、専業主婦、会社員さんの奥さんというのは、すごくメリットがあるんです。じゃ、ここは今後見直しされていく方向にあります。

 

ですので、今後、考える場合には、働くっていうことも全面に考えてた方が、将来的には得なのかなって思ったりもします。」

 

スポンサーリンク