年金に困った時、助けてもらう方法

年金とは?

年金というと、65歳からもらえるものばかりをイメージしがちですが、年金には次の3つがあるんですよね。

 

@老齢年金
A遺族年金
B障害年金

 

実は、上記のどの年金も、いざという時に守ってくれるものになりますので、その役割についてはぜひ知っておいていただきたいと思います。

それぞれの年金の役割とは?

@の老齢年金は、65歳になったら一生もらうことができる年金のことです。

 

年金の金額は、その人のこれまでの働き方によっても違ってくるのですが、一般的なサラリーマンのケースですと、国民年金と厚生年金を合わせて、年間200万円ぐらいと言われています。

 

老後資金が足りなくて老後破綻だ老後破産だと言われていますが、年間200万円でしたら、最低限の生活は保障されているのかなと思いますよね。

 

Aの遺族年金は、子供を残して親が他界してしまったような場合にもらえる年金になります。

 

母親と小さい子供2人で、およそ国から毎月10万円ぐらいもらうことができます。これは、子供が高校を卒業するまでもらえるので、かなりありがたいですよね。

 

Bの障害年金は、障害を負ってしまった人への生活保障として支払われる年金です。

 

遺族年金や障害年金は、あまりイメージしづらいかもしれませんが、どんな人にも起こり得るリスクですから、実際にそういったことに遭遇した際には、年金のありがたさがわかると思います。

 

ただ、こうした年金は、年金をきちんと支払っている人しかもらえないんですよね。

 

若い人の年金の未納問題が言われて久しいですが、年金を支払っていない人には、年金のこうした面にも着目してほしいと思います。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】年金の3つの役割

ここで、年金の役割について、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、年金の3つの役割についてお話しをしていきます。年金ていうと、私たちは、年を取ってもらう老齢年金ばかりイメージしてしまうと思うんです。

 

老齢年金、年を取ってもらう。これだけではなく、実は他にも年金には、役割があるよというお話しをしていこうと思います。

 

で、まず老齢年金なんですが、今、日本の年金制度において、老齢年金というのは、65歳からもらい始めになります。65歳から一生涯、もらい続けるんですね。

 

で、会社員さん、OBの方であれば、今、平均どれくらいもらっているのかというと、年金が平均で200万円ぐらいって言われているんです。

 

国民年金と厚生年金、合わせて200万円です。結構、それなりにもらっていると思いませんか?

 

ま、これだけで生活が成り立つかどうかというのは、別問題ですけれども、年金ていうのは、会社へのお勤めの方であれば、平均的に年間200万円ぐらいは、今、もらっているんだなというふうなイメージでいていただければいいかなと思います。

 

それから2つ目の役割が、遺族年金です。これは、子供を残して、お父さんが亡くなったようなケースです。

 

例えば、小さいお子さんがいるお母さんであれば、子供が2人いると、国から月10万円ぐらい、子供が高校を終わるまでもらうことができます

 

ま、このお金があるおかげで、安心して学校に行けている子もいると思うので、年金の遺族年金という役割は、すごく大事だと思っているんですね。

 

それから、3つ目の役割が障害年金です。これは、障害を負った人に対して、生活保障をしてあげているんです。で、これもすごく大事なんですね。

 

先程言ったように、老齢年金ていうと、どうしても私たち、損得の話しになってしまいますが、障害を負ってしまったり、お父さんがなくなったりするリスクって、どなたにもあることなんです。

 

その時に大事な点は、社会保険というのは、保険料を納めている人が給付を受ける権利があるんです。

 

簡単に言うと、保険料を納めてないと、何の給付も受けられないということは事実なんですね。

 

何か障害を負った時とか、お父さんが亡くなったとき母子家庭には、福祉でみんなが面倒見てくれるんじゃないのかなって、思う方もいらっしゃるんですが、実は大きな違いなんです。

 

例えば、先程の障害年金の例で言うと、A君、B君がいました。どちらも20歳で、免許取り立てで、2人でドライブに行きました。

 

で、自動車の事故に遭って、2人とも障害を負ってしまったというケースでちょっとお話しをします。例えば、A君は、年金に未加入です。

 

未納です。だけど、B君はきちんと入ってますというと、A君は給付、障害年金、1円ももらえません。でも、B君は、障害年金、年間100万円、ずっともらうことができるんです。

 

もらえるか、もらえないか、保険料を払ったかどうか、大きな違いになります。」

 

スポンサーリンク