保険で節税して老後破産を回避する方法

老後破産回避に保険で節税とは?

保険によって節税をするというのは、年末調整の保険料控除を上手く活用しましょうということです。

 

余計な税金を支払わないのはもちろん、返してもらえる税金はしっかり返してもらいましょう。

 

そういうことをきちんとやって、さらに、老後に備えて貯蓄もしていけば、自ずと老後破綻は回避できるはずですからね。

 

お金は増やすだけでなく、守る、すなわち、きちんと収支を管理していくことが重要です。

 

スポンサーリンク

保険料の控除とは?

多くの家庭で生命保険に加入していると思うのですが、年末近くになると、保険会社が生命保険料の控除証明書というハガキを送ってきますよね。

 

これを会社に提出すると、年末調整で税金が還付されます。これが、生命保険料控除ですね。

 

では、実際にどれくらいの税金が得するのか気になりますよね。

 

生命保険料控除というのは、所得控除なんですね。

 

所得税は、所得から控除を引いて税率がかかってくるわけですが、この所得を減らしてくれるのが、所得控除です。

 

つまり、所得控除が多ければ多いほど、所得が減って、税金が安くなるわけです。

 

ただ、生命保険料控除には、上限がありますので、たくさん生命保険に入ればいいというわけでもないんですね。

 

具体的には、所得税では4万円、住民税では2万8千円が上限とされています。

 

目安としては、年収500万円で所得税10%のご家庭で、毎月1万円の生命保険料を支払っている場合ですと、所得税で4,000円、住民税で2,800円、合わせて6,800円の税金が還付されることになります。

 

それから、保険料控除というのは、生命保険料控除だけではありません。

 

生命保険料控除の上限は4万円ですが、それとは別枠で、医療保険や介護保険の保険料控除で4万円、年金保険の保険料控除で4万円、それぞれ控除が受けられるんですよね。

 

なので、これらについても忘れずに、最大限活用するようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

【節税する 編】保険で節税?

ここで、保険を使った節税、つまり、生命保険料控除を利用した節税について、わかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、保険で節税?っていうお話しをしていきます。保険に加入している方も多いと思うんですね。

 

保険に加入している方だと、秋口になると、保険会社から生命保険料控除の証明書って葉書がくると思うんです。ま、皆さん、よくご存知だと思うんですね。

 

これを会社に持っていって、年末調整をすると、税金が戻ってくる葉書です。

 

ですけれども、この生命保険料控除、意外とね、注意点があって、使いきれてない方がいらっしゃるので、それについて、今日はご説明をしていこうと思います。

 

で、生命保険料控除というのは、所得控除です。で、皆さんもご存知のように、私たちの収入は、これに対して税金がかかるわけではなく、収入から控除、経費ですよね。

 

経費を差し引いて所得を出して、そこに対して、税率がかかります。

 

つまり、収入が同じであっても、控除という経費が多くなれば、所得が減るので、払うべき税金が少なくなるんです。

 

なので、生命保険料控除というのは、ここの金額を増やす役割があります。

 

で、保険料をいっぱい払えば、税金が戻るのかというと、実は生命保険料控除には、条件があるんです。

 

例えば、月々1万円の保険料を年間12万円払った時の生命保険料控除は4万円です。4万円が所得から差し引かれます。

 

例えば、年収が500万円で、所得税率が10%の方がいたとしましょう。そうすると、4万円の所得控除の実際の税金の戻りって、4千円になるんです。

 

つまり、12万円保険料を払って、税金が得するのは4千円ということになります。それと同時に、住民税というのも、生命保険料控除の対象になります

 

住民税の場合には、先程の所得税は、上限が4万円だったんですが、住民税の所得控除の条件は、2万8千円となります。

 

で、住民税の税率はですね、結構都市伝説みたいに、住んでる地域によって、住民税の税率が高いところもあれば、安いところもあるって言う方もいるんですが。

 

実は住民税って、どこの地域でも同じ税率10%なんですね。なので、2万8千円の所得控除の実質の節税額というのは、2万8千円の10%の2,800円となります。

 

つまり、所得控除と住民税の控除を合わせると、12万円の保険料に対して、6,800円、税金が戻るということなんです。

 

で、1つ注意点なんですが、生命保険料控除の上限枠は4万円です。

 

その他に、介護保険、あるいは医療保険の保険料控除の4万円年金保険の保険料控除の4万円枠があるんですね。

 

この枠を使い切れてない方がいらっしゃるので、忘れずに申請をしていただければと思います。」

 

スポンサーリンク