社会保険料の等級と計算方法

老後破綻・破産の回避に社会保険料の知識は必要なの?

老後破綻・破産を回避するためには、やはり支出を抑えることも大切になってきますよね。

 

税金や社会保険料というのは、支出の中でも、特にその割合が高いものですから、それらについての法律や仕組みを知っておくことは重要です。

 

特に、社会保険料は、複雑でわかりづらいですが、金額も大きいですから、最低限の知識は身につけておきたいですね。

サラリーマンの社会保険料はいくらくらいなの?

社会保険料というのは、サラリーマンの方でしたら、毎月の給料から天引きされている、健康保険や雇用保険、厚生年金保険料のことです。

 

あと、40歳以上の方ですと、介護保険料もそうです。これら社会保険料の総額は、給料の約15%と言われています。

 

これって、例えば、給料が30万円でしたら、約45,000円ですから、かなりの負担額ですよね。

 

ただ、サラリーマンの場合は、労使折半といって、会社も約45,000円を負担してくれているので、本来の社会保険料というのは、実際に支払っている金額の2倍なんです。

 

つまり、本来の社会保険料は、9万円なんですね。

 

ただ、厳密に言うと、雇用保険は、雇用を守るという事業者側の責任を考慮して、事業者の方が少し多く負担するようになっています。

 

ちなみに、雇用保険は、給料の0.5%(平成26年度)の保険料が天引きされています。

社会保険料はどうやって決まっているの?

健康保険と厚生年金保険料というのは、4月と5月、6月の3か月の給料の総額を平均して決まるのですよね。

 

なので、毎月変動するわけではないんです。ちなみに、この給料の総額には、通勤手当や残業代なども入ります

 

よく、4〜6月は残業は控えた方がよいと言われるのは、この時期にたくさん残業代を稼いでしまうと、9月以降の社会保険料が増えてしまうからなんですね。

 

もちろん、好きで残業している人はいないかもしれませんが、この3か月の給料の総額を平均したもので、等級が決まり、9月以降の社会保険料が決まってくるんだなということは、覚えておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

【節税する 編】社会保険料の決まり方

ここで、社会保険料がどのように決まっているのかについて、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、社会保険料の決まり方について、お伝えしていきます。毎月、毎月、会社員の方って、お給料から社会保険料って引かれていますよね。

 

あれ、何%かって計算したことありますか?会社員さんの場合には、健康保険と雇用保険と年金保険、ま、厚生年金保険料ですね。

 

それと、40歳以上の場合には、介護保険料って払っていると思うのですが、あれって、トータルすると、お給料の実は15%ぐらいに相当するんです。

 

例えば、お給料を30万円もらっている方って、15%なので、毎月4万5千円ぐらい、社会保険料を払っていることになるんですよね。これ、ものすごい負担ですよね。

 

で、会社員さんの場合の社会保険料というのは、皆さんも聞いたことがあると思うんですが、労使折半です。

 

労使折半ってどういうことって言うと、ご本人さんが4万5千円ぐらい保険料を負担しています。それと同じ額を会社も4万5千円負担している、これを労使折半と言っています。

 

で、雇用保険だけは、実は、ちょっと事業者側が雇用ですので、雇用を守る責任があるので、若干負担の率は多いんですね。

 

ですけれども、健康保険と年金保険については、きっちり労使折半になっています。

 

雇用保険だけは、毎月のお給料の額に対して、平成26年度だと0.5%、保険料が引かれています。

 

一方で、健康保険と厚生年金保険料というのは、どうやって決まっているのかって言うと、毎月は変動しないんですね。で、4月、5月、6月のお給料の総額を平均します。

 

総額って何かって言うと、交通費とか、通勤手当ですね。それとか、残業代も込み込みで、平均をとるんです。

 

なので、この3か月の総収入が増えると、社会保険料では、等級というものを探すんですね。等級が上がってくるので、社会保険料が上がります。

 

よく、4月、5月、6月に残業をいっぱいすると、損をするよという話を聞いたことがあるかもしれないんですけれども。

 

それは、4月、5月、6月のお給料の平均が、9月以降の社会保険料に反映されるので、あんまり4、5、6から残業しなくていいということなんです。

 

ま、そうはいっても、なかなか私たち残業をコントロールできないので、まぁ、しょうがないかなと思うんですが、いずれにしても、8月と9月のお給料を比較していただくと、給料の額は変わらなくても、社会保険の額って上がってるんですね。

 

なぜかというと、厚生年金の保険料は、毎年毎年、決まって上がっているからなんです。

 

で、社会保険、もっともっと皆さんにお伝えしたいことがあるんですが、ちょっとこれプレゼントという形で、別にホームページから無料でダウンロードできるテープを準備しました。

 

社会保険について、ぜひ一度読んでみていただければなと思います。」

 

スポンサーリンク