教育資金を貯める方法

教育資金はなぜ貯めた方がいいの?

当サイトでは、住宅ローン破綻や老後破産、老後破綻しないためには、貯金をしましょうということをずっと言ってきています。

 

でも、住宅ローンの次にお金のかかる問題として、子供の教育資金があるわけです。

 

これらの資金をどのように準備するのかによって、その後の老後資金が全く違ったものになってしまいますので、教育資金を貯めるというのは実はとても大切なことなんですよね。

子供の教育費はいくらかかるの?

親なら誰でも子供を経済的に支援してやりたいと思うものですが、教育資金は思っているよりもずっとかかるものなんですよね。

 

メディアなどでは、よく子供1人につき1,000万円ということが言われていますので、ある程度のイメージは持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 

ただ、これって、子供がどのような進路を歩んでいくのかによっても大分変ってくるんですよね。

 

例えば、公立と私立で比べると、もし小学校から私立に行かせると、年間100万円はかかるでしょうから、そこから10年で1,000万円というのは妥当な数字かなと思います。

 

また、文系と理系によっても違ってきますが、医学部とかになると、もう全く別次元の話しになってきますからね。

 

スポンサーリンク

上手に教育資金を貯める方法は?

教育資金の貯め方としては、高校卒業までの教育費と、大学にかかる教育費を、分けて考えると上手くいくと言われています。

 

具体的には、高校卒業するまでの教育費については、貯めていくのではなくて、その時々の家計で何とか頑張ってやり繰りするということです。

 

一方、大学にかかる費用は、しっかり貯めていくということです。

 

なぜこのようにするのかというと、高校までの教育費というのは、貯めている暇がないからですね。

 

もし子供が2人いるとした場合、上の子供が学校を卒業したと思ったら、今度は下の子供が学校に入学したというように、貯めている時間がないわけです。

 

なので、基本的には、高校卒業までの教育資金については、家計から支出していくと考えて、大学にかかる資金を、一生懸命貯めていくと考えておくと上手くいくと思います。

大学にかかる教育資金はいくらくらいかかるの?

前述したように大学と言っても、国立と私立、文系と理系、医学部などによっても違ってきますが、一般的には、高校を卒業するまでに300万円ぐらいは貯めておきたいですね。

 

500万円程度あれば、より安心できるかと思います。500万円貯めると考えると、毎月2万円の積み立てが目安となりますね。

 

毎月2万円を1.5%の利回りで18年間運用していくと、500万円ぐらいになります。

 

ただ、資産運用の考えを取り入れる場合でも、あくまでも子供のための教育資金ですから、ローリスクで運用したいところです。

 

ローリスクという観点から言うと、国債とかがいいかもしれませんね。学資保険で毎月2万円を積み立てていくのもいいかもしれません。

 

なお、大学の費用は、子供が奨学金を受ければいいのではないかという意見もありますね。

 

ただ、最近は、奨学金を受けた学生が、卒業後に返済ができないということが社会問題になっていたりします。

 

奨学金と言っても、あくまでも借金ですから、借りすぎには注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える 編】教育資金の貯め方

ここで、教育資金の上手な貯め方について、とても参考になる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、教育資金の貯め方についてお話しをしていきます。

 

教育資金の貯め方っていうことについて、今日、お話ししていこうと思っているんですけれど、やっぱり親心としては、お子さんが希望した進路を、経済的に支援してあげたいなというのが、皆さん共通の多いだと思うんですね。

 

でも、教育資金て、意外とお金がかかるものなんです。

 

例えば、皆さんも色々なところで、情報収集をしたりしていると思うんですが、大体ですね、子供一人につき教育資金って、1,000万円ぐらいかかるなんてデータもあるんですね。

 

ただこれって、お子さんの進路によって随分違ってくるんです。例えば、公立でいくのか私立でいくのか。

 

小学校から私立ってことを考えると、その時点で年間100万円コースということになるので、やっぱり1,000万円というのは、考えなきゃいけなくなってきますし。

 

また、文系なのか理系なのか、また、医療系なのかによっても、お金は随分変わってきます

 

ただ、考え方として、高校を卒業をするまでの教育費というのは、やっぱり家計からやり繰りをして、貯めて準備するのが大学の費用と思った方が無難です。

 

なぜかというと、子供の教育資金というのは、まったなしでやってくるものなんですし、子供さんが3人いれば、上の子が学校が終われば、また次の子が上がるという形で、高校までのお金を家計からやり繰りできないようなところだと、貯めている暇がないですね。

 

なので、原則、高校までは家計からやり繰り大学の費用を貯金で準備をするって考え方が良いと思います。

 

で、大学って考えると、できれば18歳、高校を卒業するまでに300万円。もし可能であれば、500万円というのが目安かなと思います。

 

500万円のお金を18年間貯めようと思うと、月に2万円積み立てれば目安になるんです。

 

これを1.5%ぐらいの運用利回りで回していけば、18年間で大体500万円ぐらいは準備ができます。

 

じゃ、その積み立ての2万円を入れていくところはどこなのというと、学資保険でもいいかもしれませんし、投資というところで、投資信託の積み立てとか、安全面を見て国債というもので運用してもいいかもしれません。

 

ただ、目安としては、子供が生まれたら、月2万円というのを、すぐにでも積み立てを継続するというのが1つの考え方だと思います。

 

今、奨学金を受けている方も多いです。奨学金てね、確かに金利も安いし、返済する金額も少なくて済むんですが、やっぱり借金は借金です。

 

子供さんにはやっぱり輝く未来を準備して、借金を背負わせないというのが、親の役目かなと思うので、できるだけ早めに教育資金というのを準備していくのがいいのかなと思っています。

 

ローンよりも貯金です。」

 

スポンサーリンク