高金利の銀行を探す方法

金利の高い銀行なんてあるの?

老後破産や住宅ローン破綻を回避するために、メガバンクに預金を積み立てているという方も少なくないかもしれません。

 

ただ、現在のような超低金利ですと、預けていても全く増えていきませんよね。

 

そこで、少しでも金利の高い銀行を利用してみてはどうかなと思うわけです。

 

それがネット銀行なのですが、以下、色々とお得なところがあるよということを紹介してみたいと思います。

ネット銀行は本当にお得なの?

超低金利時代と言われて久しいですから、銀行なんてどこも横並びで同じだと思われて、諦めている方も多いのではないでしょうか?

 

実際、メガバンクの1年定期ですと、金利は0.025%ですからね。

 

これでは、仮に100万円預けても1年で250円の金利しか付きませんから、ATMで時間外手数料を取られたりしたら、あっという間になくなってしまうくらいの金額です。

 

ただ、これはあくまでもメガバンクの話でして、実は、ネット銀行を利用するとそうでもないのです。

 

有名なところだと、ジャパンネット銀行などがありますよね。

 

ネット銀行というのは、要するに、店舗を持たない銀行で、手続きもネット上で全て完結してしまうような銀行のことです。

 

ネット銀行ですと、例えば、先程の1年定期でも0.35%の金利が付いたりするんですよね。

 

これを計算しますと、仮に100万円を預けた場合には、1年間で3,500円の金利が付くんです。

 

メガバンクだと、100万円を預けても、1年間で金利が250円しか付かなかったのに、ネット銀行でしたら3,500円も付くのですから、これってかなりお得だと思いませんか?

 

また、ネット銀行は、それ以外にも、振込手数料が安かったり、場合によっては無料だったりするので、かなりお得な面が多いです。

 

ただ、まだ中には、ネット銀行は知っているけれど、何となく不安という方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、日本の銀行には、ペイオフ制度というのがあって、1,000万円まででしたら、どこの銀行に預けていても保証されているんですよね。

 

つまり、仮にネット銀行が破綻したとしても、1,000万円までは戻ってくるということです。

 

ペイオフ制度があるので、メガバンクもネット銀行も、リスクは変わらないということがわかっていただけるかと思います。

 

せっかく老後破綻回避のために、積立預金していくのですから、メガバンクよりもネット銀行の方を選びたいですね。

 

スポンサーリンク

【お金を貯める・殖やす 編】銀行はどこでも同じ?

ここで、メガバンクとネット銀行の違いについて、わかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今日は、銀行はどこでも同じ?についてお話しします。ちょっと探してみるといい銀行、あるんですよ。

 

今、もう、低金利、低金利ということで、銀行選びも皆さん、諦めてしまっているところもあると思うのですよね。

 

私が新入社員で会社に入った頃、昭和なんですけれども、金利って5%、6%あったんです。

 

そうすると、黙っていても、お金を預けていると、お金も貯まっていくので、銀行選びって、みんな真剣に話しをしていたり、あそこがいいよなんて話をしていたりしたこともあったんです。

 

でも、今の金利、こんな感じですよね。メガバンクの1年定期で、金利が0.025%です。最近では、これが当たり前になってしまって、驚きもしないんですけれども。

 

実は、ちょっと調べてみると、例えば、ネット銀行。ウェブで全部手続きが完結するような店舗のない銀行なんですけれども。

 

ネット銀行だと、同じ1年定期でも、0.35%の金利が付くんです。まぁ、あんまり金利の差がないように思ったりもするんですけれども、これ結構な金額の差になるんですね。

 

例えば、50万円を、ネット銀行とメガバンクに預けたら、どう違うのって計算してみました。

 

税金なしなんですけれども。50万円をメガバンクの1年定期に預けると、利息は125円です。でも、ネットバンクに預けると、1,750円利息が付くんです。

 

これって、結構大きな差だと思いませんか?他にも、ネットバンクだったら、振込手数料が安かったり、無料だったりするので、結構、お得なことっていっぱいあるんですよ。

 

だけど、私たちって、ネット銀行ってお店がないし、あんまり知らないし、本当に大丈夫なのかしらって思いますよね。

 

そういった方で、敬遠している方もいらっしゃると思うんです。やっぱり銀行はメガバンクよねみたいな感じで。

 

だけど、日本の銀行というのは、銀行同士が保険を掛け合っていて、ペイオフ制度というのがあります

 

名前は難しいんですけれども、要は、1,000万円までの預金だったら、お金が戻ってくるんです。何があっても。

 

なので、ペイオフがあるから、メガバンクもネット銀行も、リスクは同じってことになります。だったら、金利がちょっと高い方を利用した方がいいですよね。」

 

スポンサーリンク