勉強してお金をもらう方法

老後破綻回避にスキルアップが必要?

人生において、仕事をして収入を得るという時間は、かなりのウェイトを占めるわけです。

 

ですから、そういったことを考えても、やはり将来に向けたキャリアアップであったり、勉強してスキルアップしたりすることは、とても大事なことだと思うのですよね。

 

その際には、ぜひ教育訓練給付金という制度を利用して欲しいなと思います。

教育訓練給付金をもらう方法は?

前述した教育訓練給付金という制度というのは、わかりやすく言うと、仕事に役に立つ勉強をすると、お金がもらえるという制度のことです。

 

これは、1年以上雇用保険に加入していれば、受給権がありますので、一般的な会社員の方であれば、皆さん該当すると思いますよ。

 

ちょっと前までは、受給資格を得るのに、雇用保険に3年以上加入していないといけなかったのですが、現在は1年になっていますので、より利用しやすくなったと言えます。

 

特に新入社員など若い人の離職率が3年前後だと言われたりしていますので、3年という縛りがあると、なかなか利用できない人というのもいたわけです。

 

そういった意味では、今は非常に使い勝手の良い制度になったなと思います。

 

具体的にどうやったらお金がもらえるかというと、まずは、自分のスキルを上げるために、自腹で支払って、勉強したり、資格を取ったりします

 

この勉強や資格の内容については、厚生労働省のホームページ上で、教育訓練給付金の対象となる講座の一覧が出ていますので、こちらから選ぶようにしてください。

 

会計・ITから医療・介護の分野まで幅広く対象になっていますので、その中の1つぐらいは、仕事に直結するものがあると思います。

 

そして、それが終了するのと同時に、かかった費用の2割が雇用保険から戻ってくるということになります。

 

ただし、際限なくもらえるということではなくて、最高で10万円という限度がありますので、その点だけは注意してくださいね。

 

自分で支払った勉強代の2割を雇用保険から負担してもらえるということは、実質、その2割分のお金をもらっているのと同じですから、かなりお得な制度と言えるわけです。

 

転職するときも、経験だけでなく、資格も取得しているとかなり有利になりますよね。

 

また、老後破産しないために、何らかの資格を取っておくというのは、ちょっとした収入を得るための武器にもなります。

 

どうせ自分の自腹を切って勉強するのであれば、ぜひこの制度を利用して、20%は雇用保険から負担してもらうようにしたいところです。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える 編】勉強してお金をもらおう!

ここで、資格取得やスキルアップには、教育訓練給付金を使うとお得だということがよくわかる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、勉強してお金をもらおう!についてお話ししていきます。皆さんは、将来のキャリアアップであったりとか、スキルアップのためにお勉強したりしていますか?

 

やっぱりこれから、長い自分の人生設計の中で、仕事をして収入を得ていくということを考えると、やっぱり色々な資格を取ったりするっていうのは、プラスに働くと思うんです。

 

その時にぜひ活用してもらいたいのは、教育訓練給付金ていうお金です。これは、雇用保険に1年以上入っている人であれば、受給権があります

 

昔はね、3年以上雇用保険に入っていないともらえなかったんですが、今は特別のルールがあって、1年以上働いていると、教育訓練給付金がもらえるんです。

 

これ何かというと、自分のスキルアップのために資格を取りました。あるいは勉強をしました

 

そうすると、終了と同時に、かかった費用の20%、最高10万円が雇用保険からもらえるんですね。

 

これ、もの凄くありがたい制度なんです。だって、勉強してお金がもらえるので、これ以上良いことないですよね。

 

で、どういう勉強をするとお金がもらえるのかというと、ぜひ皆さんね、教育訓練給付金ってこう検索してもらいたいんですね。

 

そうすると、厚生労働省のホームページに入ることができます。そうすると、教育訓練給付金の対象となる講座が、一覧で出てきています。

 

ウェブ関係のお仕事に通じるような講座もあるし、語学系や医療系や介護系といったような、本当に様々な分野のお勉強が対象となっていますので。

 

まぁ、皆さんのお仕事に直結するようなことも必ずあると思うので、一度ね、ホームページを検索してみるといいと思うんです。

 

で、ちょっと昔話になるんですが、私が20代の頃、仕事でシンガポールによく行ってたことがあったんですね。

 

当時は、まだ日本では転職っていうのは当たり前ではなかったんですが、シンガポールって文化的に、お仕事をどんどんキャリアアップしていくという形が多かったんです。

 

そういう時に、仲良くなっていた私より2〜3歳上の女性の方が、お昼休みに求人雑誌をよく見ているんですよ。

 

私はまた転職しようと思って、お仕事を探しているのかなと思ったんですが、ちょっと聞いてみたんですね。気になったので。

 

そしたら彼女、何と言ったかというと、私はこういった求人雑誌を見ながら、世の中で今求められているスキルって何なのかとか、自分がどういう資格を取っていけば、これからのキャリアにプラスになるのかリサーチしているんですっていう話をしたんです。

 

私は当時27〜28歳だったんですけれども、本当に目から鱗で、ああ、こうやって自分のマーケットバリューって高めていくんだなというふうに、感動したことを覚えています。

 

ま、これから転職ってことを、キャリアアップを考えることにおいては、すでに勉強ということは大事だなと思うので、活用してみていただければなと思います。」

 

スポンサーリンク