確定拠出年金で老後資金を運用する方法

今の退職金制度ってどうなっているの?

終身雇用、年功序列が当たり前だった頃というのは、60歳で定年になると、退職金として1,000〜2,000万円の一時金がもらえたんですよね。

 

なので、それを住宅ローンの残債に充てて完済したり、残りを老後の生活費とすることができたわけです。

 

ところが、現在では、退職金制度そのものがない会社があったり、従来の形式とは違う確定拠出型年金に変化してきているのが現状です。

 

住宅ローン破綻や老後破綻しないためにも、現在、自分の会社の退職金制度がどのようになっているのか、まずは知っておくことが重要ですね。

確定拠出型年金とは?

確定拠出型年金というのは、401kとかDCなんて呼ばれることもありますが、わかりやすく言うと、退職金を給料に上乗せして前払いする制度のことなんですね。

 

つまり、従来の退職金制度ですと、60歳になると、一時金を会社が用意して渡してくれたものを、この確定拠出型年金では、毎月給料と一緒に支払われるということなんです。

 

スポンサーリンク

給料と退職金を区別する理由は?

退職金を給料に上乗せするのなら、特に区別しなくても、すべて給料という名目ではいいのではないかと思うかもしれません。

 

でも、これには、きちんとした理由があるんですね。それは、社会保険や税制上のメリットがあるからなんです。

 

では、仮に、確定拠出型年金の掛金という名目ではなく、全額給料としてもらう場合を考えてみましょう。

 

例えば、確定拠出型年金として給料に上乗せされたる金額が1万円だった場合には、どうなるでしょうか?当然、社会保険料がそれまでのものよりも上がりますよね。

 

社会保険料は、1万円の給料だったら15%取られますが、さらに、税金も15%取られますので、合計30%もその時点でお金が無くなってしまうんですね。

 

将来の退職金を1万円もらったのに、現在の時点で7千円になってしまうのです…。

 

老後のためのお金が含まれているのに、こんなに国に持っていかれては、たまったものではありませんよね。

 

これに対して、退職金の前払いを確定拠出型年金として1万円をもらった場合にはどうでしょうか?この場合は、社会保険料はもちろん、税金もかかりません。

 

つまり、将来のための1万円をもらったら、現時点でも1万円を全額将来のために積み立てることができるわけです。

 

ただし、確定拠出型年金の場合は、この1万円については、あくまでも自分で運用しなければならないのですよね。

 

なので、自分で運用していて、もしも損失が生じた場合には、その責任については、すべて自分自身で負わなければなりませんので、その点には注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク

【幸せに歳をとる 編】退職金制度を知ろう

ここで、現在の退職金制度について、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、退職金制度を知ろうということでお話しをしていきます。

 

一昔前までは、年功序列、終身雇用って当たり前の世界だったんですよね。

 

そうすると、60歳で定年を迎えると、1,000万円なり2,000万円なりという大きなお金を一時金でもらって、それで住宅ローンを完済、あとは老後の生活費として、それを取り崩すという生活設計というのが当たり前だったんですけれども。

 

今、退職金制度そのものがないという会社さんも驚かなくなりましたし、また、従来の退職時に一時金でお金を渡すという制度を違う制度に変えているような会社さんも増えてきました。

 

皆さんもそういった会社さんにお勤めの方、多いかと思うんですね。特に最近の流れで言うと、退職一時金制度を確定拠出年金。

 

DCとか401kなどと呼ばれるものなんですが。こういった制度に変更する会社も多くなってきているんですね。

 

で、この確定拠出年金て何かというと、一言で言うと、退職金の前払い制度みたいなものです。

 

退職金が60歳時点で、まとまったお金を会社が準備して渡してくれるのに対し、確定拠出年金は、退職金の月払いですね。

 

それをお給料の上乗せで、確定拠出年金の掛け金として、会社が支払ってくれるものなんです。

 

これって、前倒しでもらうんですけれども、仮に給料としてお金をもらうよりも、やっぱり得な部分があるので、それについてご説明していこうと思います。

 

もし確定拠出年金の掛け金という名目ではなく、お給料として仮に給料の上乗せで1万円もらうと、皆さんもご存知のように、お給料が増えると社会保険料が増えますよね。

 

社会保険料は1万円の給料に対しては、15%取られることになるんですね。それで税金も15%なので、合わせると30%もらった途端に使えないお金になるんです。

 

なので、実際の手取りの額って7千円なんです。

 

だけど、確定拠出年金として、退職金の前払いで1万円をもらうと、税金、社会保険料がかからないので、結果、1万円丸々自分のお金として積み立てることができるんです。

 

ただ1つ注意点は、これはあくまでも、今、前倒しでもらっていますが、老後資金だということなんですね。

 

なので、自分自身で運用をして管理していかなければいけないお金なんです。

 

これまでは、会社にお任せしていれば、会社が退職金を準備してくれていたんですが、それが今、前払い制度、確定拠出年金という制度になって、ご自身で老後資金を管理運用しなければいけないよという時代になってるってことをぜひご理解いただければなと思います。」

 

スポンサーリンク