お金の使い方を変えて老後資金を作る方法

なぜ老後破綻してしまうのか?

住宅ローン破綻や老後破産してしまう理由として、貯蓄がないということがあるわけです。

 

そもそも貯蓄がないということは、お金の使い方が上手くいかなかったからですよね。

 

それは、結局のところ、浪費が多かったということでもあるわけです。

 

ということは、浪費する習慣を変えれば、つまり、お金の使い方を変えることができれば、貯蓄をすることができるはずですよね。

お金を殖やすには?

欲しいものがあって、それを購入するのが消費ですが、実際に買ってみたら、全然必要ないものだったとか、なぜ買ってしまったのかと後悔するようなものが浪費です。

 

また、自分では資産運用のための投資だと思っていたけれど、実は怪しい金融商品に手を出してしまい、大損してしまったというのも、結果的に浪費になります。

 

こうした浪費を、本当に必要な消費や、リスクがリターンに見合った投資に変えるだけでも、お金はどんどん増えていくと思います。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える 編】お金の使い方

ここで、お金の使い方について、わかりやすい具体例を用いて解説している動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、お金の使い方ついてお話しをしていきます。

 

私、ファイナンシャルプランナーということで、お金のアドバイスをする立場ではいるんですが、私の人生のゴールとか価値観的には、何もお財布にお金が一杯あることが一番いいと思っているわけではないんですね。

 

むしろ、今あるお金と、これまで使ってきたお金の総額を自分自身の資産というふうに考えているんです。

 

なので、例えば、コーヒー一杯の話しでちょっと例に出すと、ああ、喉が渇いたなコーヒー飲みたいなと思って、自販機に行って、120円でコーヒーを買いました。

 

でもその時、安易な選択をしてしまって、自分の味覚に合わない甘いコーヒーでおいしくなかったなと後悔をする。これって浪費ですよね。

 

自分の選択を誤ってしまって、残念な気持ちになること。こういうお金の使い方をできるだけしたくないなと思っているんですね。

 

で、例えば、じゃ、コーヒーを飲みたいとして、時間のない方はコンビニに行って、コーヒーを買いました。

 

それらの値段でそれなりにコーヒーを飲みたいという欲求が満足できた。これについては消費というふうに考えています。なので、浪費よりも消費がいいですよねって。

 

だけどもしかして、たまたま入ったカフェに行ってみたら、もの凄くコーヒーが美味しくて、雰囲気も良くて、仕事がなんか思わず進んじゃって、そういうプラスアルファの効果があることを投資というふうに私は考えているんですね。

 

なので、お金を使う時には、浪費って論外で、できるだけしたくありませんけれども、少なくとも消費、できれば投資というものを、お金の使い方としては考えたいなと思っているんです。

 

例えば、私のお客様でも、お金の使い方がとっても上手な方がいらっしゃって、その方は一生懸命にお仕事をして、お金を貯めて、よく海外旅行に行くんですね。

 

インテリアとかすごく好きなので、海外のインテリアなんかをまわって、お仕事にも、ま、デザイン関係のお仕事なので、お仕事に活かしている。

 

そういう方がいらっしゃると、ご自身の資産、今手元にある縁という資産と、これまで使ってきたお金っていうものが相まって、本当に資産家として素晴らしいなと思うんです。

 

一方で、お金はあるんだけど、お金を使う目的も特になくて、お金が減ることだけが嫌なんですという方も実はいるんです。

 

そうすると、確かに手元に縁という資産はあっても、なかなか使えていないっていう方っていうのが、トータルでいうと、資産が少ないってことになるんじゃないのかなというふうに思っていて、そういう方は、とても残念だなと思うんです。

 

なので、皆さんも、今手元にあるお金っていうだけではなくて、お金の使い方が浪費ではなく消費、消費ではなく投資っていう形で、お金の使い方を意識していただくと、ご自身の資産がどんどん増えていくと思います。」

 

スポンサーリンク