老後破綻回避のための金融知識を身につける方法

老後破綻回避には金融の知識は必要?

老後破綻しないために、経済や金融、税金の知識とか、お金に関する知識はあった方が絶対に良いです。

 

知らないと損することがたくさんある一方で、知っている人だけが得する制度なんかもたくさんありますからね。

 

ただ、金融とか経済とかいうと、かなり漠然としていますので、まずは身近なところから、例えば、預貯金に対する金利(利息)みたいなところから、学び始めてみると良いと思います。

投資をした方が良い理由は?

郵貯に貯金したり、銀行に預金すると、金利が付きますよね。仮にこのときの金利が1%とします。

 

銀行は、預金者から預かったお金を企業に融資しますが、その際に、例えば2%の金利を付けて貸すわけです。

 

預金金利は1%で、融資の金利は2%ですから、この金利差1%が銀行の利益になるわけです。

 

一方で、企業は、銀行から2%の金利で融資を受けて、消費者にモノやサービスを提供します。

 

このとき、企業は2%という金利以上の儲けを出さないと、金利の支払いができなくなってしまいます。

 

なので、例えば、2%より多い3%をモノやサービスの値段に転化していくわけです。これが、経済の仕組みと言われているものですね。

 

ただ、預金者は銀行から1%の金利しか受け取れないのに、企業から3%上乗せされたモノやサービスを購入しなければならいということは、預金をするだけですと、物価の上昇に勝てないですよね。

 

そこで、投資という方法が出てくるのです。企業に直接投資をすれば、企業の成長に合わせて、直接企業の利益を受けることができますから。

 

スポンサーリンク

【お金を貯める・殖やす 編】経済の仕組み

ここで、経済の仕組みについて、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、経済の仕組みについてお話しをしていきます。経済というと、あまりにも大きすぎて漠然としていると思うんです。

 

じゃ、ちょっと身近なところで、経済の仕組みってどのようになっているのっていうお話しをしていきたいと思います。例えば、私たちは、お金を銀行に預けます。預金ですよね。

 

預金をすると金利が付きます。仮に今回は、私たちの預金に対して、銀行が1%の金利を付けてくれると、ちょっと仮定をしていきたいと思います。

 

そうすると、銀行というのは、銀行の役割は、私たちから預かったお金をもとに企業に融資をしますよね。

 

企業さんに、企業の運営のために必要なお金を銀行が融資をするわけです。

 

銀行の仕事とすれば、私たち預金者のお金をもとに融資をするので、ここで金利差を取るってことが彼らの利益になるんです。

 

で、先程の預金金利が1%なので、それの上乗せってことで、融資の金利は2%というふうに今回仮定をしていきたいと思います。

 

1%に対して1%の差額が銀行の利益ですね。すると、企業というのは、私たちに物やサービスを提供します。

 

その物やサービスを買う私たちにとっては、その企業が提供する物やサービスの値段が物価ということになります。

 

で、企業さんというのは、先程言ったように、銀行から融資を受けているので、融資で払う金利以上の利益を取っていかないと、融資の金利分が支払えないということになるんですね。

 

先程の企業が払わなければいけない融資の金利は2%でしたので、今回は2%よりも高い3%を物価、物の値段として付与していくと仮定していきます。

 

よく皆さんは、定期預金の金利は、物価の上昇に追いつかないという言葉、もしかしたらどこかで聞いたことがあるかもしれないんですが。

 

その理由を本当に本当にシンプルに話をすると、銀行の預金の利息を私たちが受け取るものって、一番最初の金利は1%でしたよね。

 

だけど、銀行はそのお金をもとに、融資をする。融資をするときの差額の金利が2%。で、企業はその融資分の金利を稼ぐために、物の値段ということで、利益をこっそりオンしていくのが3%。ということは、私たちが銀行にだけ預金をしておくと、受け取りの金利って1%しかないわけですね。

 

でも、それでも3%の金利分を乗っかった商品を、買ったりしていかなければいけないので、これは預金だけでは、物価上昇に負けてしまうという理由の1つです。

 

じゃ、どうすればいいのって言うと、企業の利益を直接得られるようにするんですね。この方法を投資と言っています。」

 

スポンサーリンク