銀行が破綻しても老後資金を守る方法

銀行が破綻したらどうなるの?

せっかく貯めた老後資金を大切に守るためにも、金融機関が破たんしたらどうなるのかということは、ぜひ知っておいて欲しいです。

 

まず、銀行が破綻した場合には、ペイオフという仕組みによって、元本1,000万円までとその利息については、返ってくることになっています。

 

ただし、外貨預金については、ペイオフの対象外となっていますので、注意してください。

ペイオフの対象にならなかったお金はどうなるの?

銀行が破綻しても、元本1,000万円とその利息に付いては、保証されているのですが、それを超えた分については、破綻した会社の負債の状況によって、変わってきます。

 

つまり、多少戻ってくることもあれば、全く戻ってこないということもあるということです。

 

また、外貨預金については、ペイオフの対象外ですので、預金が1,000万円以下であっても、お金が戻ってこない可能性が高いので注意が必要です。

 

それから、証券会社が破綻した場合ですが、証券会社の場合は、私たちが株などを購入したお金というのは、分別管理されているんですよね。

 

なの、全く不利益を受けることはありませんので、安心してください。

保険会社が破綻したらどうなるの?

保険会社が破綻した場合は、生命保険契約者保護機構というところで、年金保険や終身保険や養老保険といった貯蓄性の高い保険については、守られることになっています。

 

もともと保険会社というのは、貯蓄性の高い保険は、満期時に合わせて、預かった保険を運用しているのですよね。

 

その中で、ある意味解約返戻金のような、責任準備金というものを準備していくわけです。

 

なので、もしも保険会社が破綻したら、この責任準備金の残高の90%までを、生命保険会社の保険で受け取ることができます。

 

ちなみに、その後は、違う保険会社が保険を引き継ぐことになります。ただし、別会社の保険になると、一般的に契約内容は悪くなってしまいますので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

【お金を貯める・殖やす 編】金融機関の万が一

ここで、金融機関が万が一破綻した場合にどうなるかということについて、わかりやすく解説された動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、金融機関の万が一について説明していきます。

 

皆さんもご存知のように、銀行が破綻した時、私たちの預金ていうのは、預金元本1,000万円とその利息については、ペイオフという仕組みの中で、守られることになっています。

 

これは、銀行同士が保険を掛け合っているからなんですね。だけど、銀行の商品の中でも、外貨預金については、ペイオフの対象ではないんですね。

 

なので、ここに200万円、300万円入れて、1,000万円以下であったとしても、外貨預金については、お金が戻ってこない確率が高くなってしまうんです。

 

なので、銀行だから安心て思わずに、ちょっとペイオフの仕組みを知っておくといいと思います。

 

例えば、先程1,000万円までは、お金が守られますよと言いましたけれど、1,000万円を超えた部分と言うのは、その破綻した保険会社の負債の状況によって、いくらか戻ってくることもあるし、負債の状況が酷ければ、一銭も戻らないこともあります

 

金融機関の万が一、ちょっと知っておきましょうね。

 

じゃ、保険会社はどうなるのというと、保険会社の場合には、生命保険契約者保護機構という、また別のセーフティーネットがあるんです。

 

特に貯蓄性の高い保険、例えば、終身保険や年金保険、養老保険といったものが対象になります。

 

具体的にどうなるかというと、保険会社というのは、貯蓄性のある保険は、満期時に合わせて、皆さんから預かった保険で運用していくんですね。

 

それで、責任準備金というお金を準備していきます。解約返戻金に非常に近いものです。

 

で、もし万が一、保険会社がこの時点で倒産すると、この時点での責任準備金の残高の90%まで、これまでが生命保険会社の保険でもらえるお金となります。

 

その後は、別の保険会社が皆さんの保険を引き継ぐんですね。で、その時に、実はこの契約の内容が、悪くなってしまう可能性が非常に高いんです。

 

そうなると、結果として、満期保険金の金額が減ってしまう。このように、生命保険会社の万が一というのは、銀行の問題とは違う仕組みになっています。

 

それでは、もう1個の金融機関として、証券会社が万が一破綻したらどうなるのっていうと。例えば、私たちが、証券会社を通じて、ある会社の株を買いました。

 

で、この会社が倒産すると、当然この株は価値を失うので、お金は一銭も戻ってこないんですね。

 

だけれども、証券会社が万が一倒産したとしても、私たちって不利益を受けることはないんです。

 

なぜかというと、私たちの株を買ったお金っていうのは、証券会社の金庫に入らず、分別管理といって、別のところに保管されているんですね。

 

なので、証券会社の倒産は、私たちの不利益にはならないと覚えておいてください。」

 

スポンサーリンク