人生の三大資金に備える方法

人生の三大資金とは?

人生の三大資金という言葉を聞いたことがあるでしょうか?文字通り、人生において3つの大きなお金が必要になるライフイベントのことなんですね。

 

具体的には、@教育資金、A住宅資金、B老後資金の3つです。

 

どれも、事前に用意しておかないと、なかなかすぐには出せない金額ですから、しっかりとした資金計画が必要になりまます。

三大資金はいくらぐらいかかるの?

@の教育資金ですが、一般的に、子供1人につき約1,000万円必要になると言われています。子供2人なら2,000万円です。

 

毎日の家計の中から1,000万円とか2,000万円を捻出するというのは、なかなか大変ですから、やはり子供の成長とともに資金計画を立てる必要がありますよね。

 

Aの住宅資金については、例えば、金利2%、35年の住宅ローンを組んで、3,000万円でマイホームを購入した場合を考えてみます。

 

このケースでは、住宅ローンの返済は、毎月10万円程度になるわけですが、35年もローンを支払っていくと、金利だけで約1,200万円ほどになるのですね。

 

つまり、3,000万円の住宅を買ったつもりでも、実際には4,200万円ほどの家を購入したことになるのです。

 

この住宅資金も、かなり大きなお金ですから、やはり、事前にしっかりとした資金計画が必要だということがわかると思います。

 

最近は、住宅ローン破綻なども増えているようですから、特に注意したいですね。

 

Bの老後資金というのは、老後のためのお金ですね。

 

今は、公的年金だけでは、ゆとりのある老後生活を送ることは難しくなっていますから、老後破綻や老後破産しないためにも、しっかりと準備しておきたいです。

 

一般的には、老後資金として、65歳までに2,000〜3,000万円程度のお金が必要と言われていますので、やはり、このお金についても資金計画を立てて、しっかりと準備しておく必要があります。

 

とはいえ、@〜Bの資金を合計すると、1億円近くのお金になってしまいます。

 

積み立てをするのももちろん大切なのですが、時間を味方に付けて、複利の力も使って、資金作りをしていきたいところです。

 

スポンサーリンク

【お金を貯める・殖やす 編】人生の三大資金

ここで、人生の三大資金について、わかりやすく解説した動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、人生の三大資金についてお話しをしていきます。人生の三大資金という言葉があります。

 

これ何かというと、普段の生活人は別に、人生のイベント、ライフイベントという言い方をするんですが、イベントの中でも3つの大きなお金が必要になってくる場面があるので、その三大資金については、前もって資金計画を立てて、上手に準備していきましょうという考え方なんですね。

 

その三大資金のうちの1つ目が、教育資金です。お子さんがいらっしゃる方だと、子供1人につき教育資金が1,000万円程度必要と言われています。

 

日々の暮らしの中から、1,000万円て出すのは大変なので、子供さんの成長に合わせて、資金計画が必要になってくる。これが教育資金です。

 

もし子供が2人っていうことになると、2,000万円ということになってしまいますよね。これが1つ目、三大資金の1つ目です。

 

2つ目は何かというと、住宅資金です。住宅資金、例えば、3,000万円の住宅ローンを借りました。金利2%、35年ローンを組みました。

 

となると、月々の返済、大体10万円ぐらいになるんです。だけど、35年間支払うと、総トータルの返済額が4,200万円になるんですね。

 

つまり、3,000万円のお家を買ったと思っても、実際のお値段は4,200万円するってことなんです。こういった大きなお金についても、きちんと計画が必要ですって言われています。

 

それと3つ目が、三大資金の3つ目が、老後資金です。公的年金だけでは足りない老後のお金を前もって準備していきましょうという考え方です。

 

今、サラリーマンさんの家計であったとしても、65歳までに2,000万円、3,000万円ぐらいのお金が必要と言われていますので、これを普段の生活費とは別に、管理していくべきお金になります。

 

そうすると、お子さんの教育資金が2,000万円、住宅ローンで4,000万円、老後資金で2,000万円、3,000万円となっちゃうと、あっという間に1億円近いお金になっちゃうんですね。

 

なので、やっぱりこれは、きちんとした資金計画が必要ですねって言われているんです。ただ、皆さんが間違ってしまいがちなことの1つは、この計画の立て方なんですね。

 

例えば、子供が小学校に上がるまでにお家が欲しいので、まずは住宅の頭金を作りましょう。で、子供が小学校へ上がったら、今度は大学のための貯金をしましょう。

 

で、子供の学校が一段落をしたら、老後資金に着手しましょうというような形で、Aの目的、Bの目的、Cの目的って、順番、順番にね、取り掛かろうとする方が非常に多いんです。

 

だけど、お金の成長の力、これ複利の力っていうんですが、この成長具合から考えると、ある程度時間が経過したところで、グッとお金って成長するんですね。

 

なので、このAプラン、Bプラン、Cプラン、3つのお金は、同時進行で上手に作っていただければと思います。」

 

スポンサーリンク