家計簿でお金を管理する方法

家計簿とは?

家計簿は、その家庭の1か月の収支がわかるように、お金を管理するための帳簿のことです。

 

住宅ローン破綻や老後破綻してしまうのも、お金の管理が上手くできていなかったことが大きな要因の1つだと思います。

 

なので、多少大雑把でも構いませんので、1か月の収支がどうなっているのかがわかるような、簡単な家計簿をつけることをお勧めします。

 

最近は、スマートホンのアプリでも、手軽に家計簿が付けられるものがありますので、そういったものを利用するのも良いと思います。

簡単に家計簿をつける方法は?

家計簿を付けるというのは、結構地道な作業になってきますので、初めからあまり細かく付けていくと、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

 

要するに、家計の1か月の収支がわかればよいのですから、そんなに難しく考えることはないんですね。

 

例えば、買い物した際の領収書を必ずとっておいて、週末に、食費や交通費、雑費など大まかにわけて、ノートに書きだしていくのでもOKです。

 

それに、通帳やカードの明細から、給料や水道光熱費、ネットで購入したものなどを収支を区別して記入していけば、おおよそ家計の1か月の収支はわかります。

 

1か月の収支を見て、赤字になっていないかどうかを確認したり、他の月と大きく違うところはないかを確認したりすることで、お金の管理が上手く行えるようになってきます。

 

ちなみに、もし家計が赤字になっているようでしたら、固定費を減らすなどして、家計を健全な状態に直していくことが大切です。

 

スポンサーリンク

【お金を貯める・殖やす 編】家計簿のつけ方

ここで、家計簿でお金を管理することについて、わかりやすく解説された動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、家計簿のつけ方についてお話しをしていきます。皆さんは、家計簿って付けていますか?

 

実は私も家計簿って何か地味な作業だし、毎日、何にいくらお金を使ったっていうところが、面倒くさくって、なかなかモチベーションが上がらず、結果的に家計簿っていうのは、つけていないです。

 

だけど、お金を向き合おうと思うと、家計簿収支がわからないと始まらないので、家計簿じゃないんですが、家計簿的なものはつけています。

 

で、今回は、面倒くさがりな私がやっている家計簿的なものについて、ご紹介していこうかなと思っています。まず私が使っているのは、通帳を家計簿として使っています。

 

通帳というのは、ここだけで実は収支がわかったりするんですよね。例えば、給料が入ります。家賃が引き落としされます。

 

それから水道光熱費や、毎月何回かは現金を引き出すと思うんですが、そういったものも1か月で確認すると、1か月の収支がわかりますよ。

 

なので、通帳に結構メモ書きをすることによって、家計簿のように使っています。それともう1つが、月々の収支を見るために使っているのが、クレジットカードの明細です。

 

生活費に使うクレジットカードと、お小遣い的に使っているクレジットカードを分けているんですが。

 

例えば、スーパーで買い物をする、ドラッグストアでシャンプーを買うみたいな、生活に必要なものを買うクレジットカードは、その明細を見るだけで、1か月のうち、何にいくら使ったかというおおよそのことがわかるんです。

 

で、結局、家計に必要なものは、家計簿の中に何が必要なのっていうと、収支の確認なんですね。

 

なので、クレジットカードや通帳を使うことで、家計簿の役割は十分に果たせます。

 

それともう1つやっているのが、半年に1回、貯蓄残高の書き出しをしています。

 

これ記録しているんですが、半年前の家計と今の家計では、資産が増えているのか減っているのか、これを見える化しているんですね。これはお勧めです。

 

で、今こういったものって、アプリでも出ていたりするので、そういった皆さんのお家に合わせて、何かこういう家計の管理していただくといいかなと思います。

 

あと最近は、共働き夫婦も多くなっていて、ご主人が家賃を払って、奥さんが家計のやり繰りをしていますというような、役割分担をしている家計もあるかと思うんですね。

 

ただ、こうすると、家計の収支が見えにくくなるんです。

 

なので、オススメは、それぞれが家族用の口座を1つ作っていただいて、それぞれの役割分担に合わせて、お金を入金する

 

で、ここで、家族の口座を収支がわかるように、情報を管理するって方が、一番お勧めです。

 

役割分担だけをしていると、お任せになってしまって、結果、我が家にお金いくらあるのかわからなくなってしまいます。気を付けてください。」

 

スポンサーリンク