確定申告で節税する方法

老後破産・破綻回避には税金や確定申告の知識が必要です!

住宅ローン破綻や老後破産・破綻しないためには、浪費をしないとか、貯蓄をするのももちろん重要なのですが、余計な税金を支払わないというのも大切になってきます。

 

つまり、払いすぎている税金は、しっかり還付してもらいましょう、節税しましょうということですね。

 

これには、税金や確定申告についての知識が必要になるので、最低限の知識は身につけておきたいです。

確定申告とは?

確定申告というのは、税金を確定させて申告することです。この確定申告の時期というのは決まっていて、毎年2月16日から3月15日までとされています。

 

サラリーマンの人でしたら、通常ですと、年末調整で間違いがなければ、確定申告をする必要はないです。

 

ただし、医療費が10万円超えたなど、確定申告をすると税金が戻ってくることがありますので、戻ってくる税金には注意していただきたいです。

 

税金というのは、基本的に申告納税なのですよね。なので、自分で申告しないと、せっかく戻ってくるものも戻ってこないですから、忘れないように申告してください。

 

スポンサーリンク

年末調整とは?

サラリーマンの人ですと、毎月、給料から所得税と住民税が天引きされていますよね。あれって、1年間の税金の概算額を毎月天引きしているのです。

 

つまり、まだ確定したわけでもない税金が天引きされているんですね。なので、年末調整で、1年間の給与や控除などを計算し直して、税額を確定させるわけです。

 

通常は、多目に天引きされていまので、多く取り過ぎた税金を戻してくれるのです。12月とか1月の給料に年末調整という名目でお金が余計に入ってくるのは、その精算金なんですね。

 

もちろん、天引きしていた税金では足りない場合には、年末調整では、逆に徴収となります。

確定申告が必要な人は?

次のような人は、確定申告が必要になります。

 

@年収2,000万円以上の人
A2か所以上から給与を受けている人
B原稿料などの雑収入のある人
C医療費が年間10万円以上になった家庭
D住宅ローン控除を受けるつもりの1年目の人
Eふるさと納税をした人...など

 

税金が還付になる人は、ぜひ確定申告をしてくださいね。自分で申告しないと、税務署から親切に税金を戻してくれるということはありませんから。

 

住宅ローン破綻や老後破産しないために貯蓄することと合わせて、無駄な出費、特に払わなくてもいい税金はしっかり返してもらうことが大切です。日頃から、節税も心掛けましょうね。

 

スポンサーリンク

【節税する 編】確定申告の仕方

ここで、確定申告のやり方について、とてもわかりやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、確定申告の仕方について、お話しをしていきます。確定申告って2月16日から3月15日まで

 

年末調整で、やれなかった部分の税金の清算をするというような意味合いがあります。

 

一般的に会社員さんの場合には、確定申告しないですよね。何でしなくていいのかって言うと、毎月毎月、お給料で天引きされる税金がありますよね。毎月の給料。

 

これって、前年の収入とか、その方の働き具合によって、大まかな一年間の納税額を出すんですね。それを12等分をして、毎月毎月、天引きしているんです。

 

だから、概算なんですよ。なので、会社員の場合には、年末調整と言うのをやります年末調整と言うのは、1年間の収入をもう一度計算し直します

 

それから、控除、経費ですよね。

 

経費をもう一度確認をして、天引きしていた合計の税金よりも、実際に清算をした金額が多ければ、還付になりますし、天引きした金額よりも、実際に払わなければいけない税金の方が少なければ、もう一度払う、徴収というふうになります。

 

で、他に確定申告というのは、年末調整が終わった後でも、年収2,000万円以上の人とか、お給料を2か所以上からもらっている人、その他、雑収入として、原稿を書きましたとか、フリーマーケットとかで、いっぱい儲かっちゃいました人の場合に、雑収入のあった人は、確定申告をすることになっています。

 

あと、医療費が10万円以上になった場合とか、ふるさと納税をする場合とか。あとは、住宅ローン控除。1年目は確定申告することになっているんです。

 

で、会社員さんは、どうしても会社が全部やってくれるので、税金に対して無関心になりがちなんですが、私はそれはちょっと大変かなと思っているんですね。

 

なぜかというと、会社員さんの年収を円グラフで表すと、社会保険料って、大体15%取られちゃってるんです。で、所得税、住民税で、大体5%か10%とられているんですね。

 

併せると、もう25%お金が使えなくなっているんですよ。その他に住宅ローンとか、住居費として、20%、25%使われているんですね。

 

そうすると、実際に自分で使えるお金って、半分ぐらいしかないんです。で、税金ていうのは、意識をしていないと、やっぱり払い過ぎ。

 

控除というのは使えるのに、使っていない人がいっぱいいるので、やはり税金は、納めるだけではなくて、よく内容を知って、納めていきたいなと思っています。

 

税金、会社員さんにとっても、すごく大事なことです。」

 

スポンサーリンク