103万円超の収入でも税金で得する方法

103万円の壁とは?

103万円の壁というのは、パートで働いている主婦の方などが、それ以上稼いでしまうと、税金が掛かってくるという意味で使われていますよね。

 

実際に、税金を気にして、103万円以内で働くように労働時間を調整している主婦は、少なくないと言われています。

なぜ103万円なの?

103万円というのは知っていても、ではなぜ103万円以内なら税金がかからないのかを知っている人は、それほど多くないかもしれませんね。

 

これは、給与所得控除や基礎控除という、収入に対する経費のようなものがあるのですが、これが関係しているんですね。

 

例えば、年間で103万円のパート収入があったとしますよね。そうすると、まず給与所得控除として65万円を経費として差し引いていいことになっているんです。

 

103万円から65万円を差し引くと38万円ですよね。ここから、さらに、基礎控除といって、納税者だったら全員に認められている経費があって、これが38万円なんです。

 

そうすると、所得は、103万円−65万円−38万円=0円になりますから、所得0円に対する税金は0円なので、税金がかからないということになるんですね。

 

ただ、実際のところは、103万円を超えたとしても、そんなに税金がたくさん掛かってくるわけではないんですよね。そもそも、税率がそんなに高くないですから。

 

住宅ローン破綻や老後破綻を回避したい、家計の赤字を埋めたい、など貯蓄を優先させたい家庭も少なくありませんよね

 

そういった家庭の場合には、103万円の壁はそんなに気にせずに、どんどん稼いだ方がいいのかなと思います。

 

スポンサーリンク

【節税する 編】103万円の壁

ここで、収入が103万円も超えても、そんなに損はしないんだよということを丁寧に解説してくれる動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、103万円の壁について、ご説明していきます。103万円の壁っていうと、特にパートの主婦の方が、年収調整をするときによく使う壁ですね。

 

103万円以上稼いじゃうと、税金を取られてしまって損だから、103万円以内で働きましょうなんて言われている、103万円です。

 

これ、103万円って言うんですけれど、じゃ、その103ってどこから出た数字なのって、意外と知らない方も多いので、今日はそのことをお話ししていきます。

 

まず、会社から、ま、パートであっても、会社からの給料として、103万円をもらいます。年間103万円稼ぎます。

 

そうすると、給与所得控除という経費として認められる部分があるんですね。これが65万円なんです。

 

それと、基礎控除といって、納税者一人一人に認められている経費があるんです。これが38万円なんですね。そうすると、65万円と38万円を足すと103万円なんです。

 

つまり、年収が65万円の給与所得控除と基礎控除を引くと、所得が0円なんですね。

 

だから、税金は払わなくてもいいよと、103万円までだったら、税金が得だよと言われているんです。

 

でも問題は、103万円を超えてしまったら、いくら税金を払わなければいけないのってことなんです。意外とこれ知らないんですね。

 

例えば、月10万円稼ぎました。で、年間120万円の年収になりました。で、先程も言ったように、103万円の控除を引くと、所得が残るんです。

 

ここの部分に税金がかかるんですよね。このケースだと、所得は17万円となります。120万円から103万円の控除を引くと、17万円の所得。

 

じゃ、17万円に対して、税金はどのくらいというと、5%なんです。結局、120万円稼ぐと、所得が17万円で、払わなければいけない所得税が8,500円ということになります。

 

これ、本当に損なんでしょうかねってことを、ちょっと考えてもらいたいんです。なぜかというと、103万円の年収を稼げました。

 

税金は払わないから、手取りで考えれば103万円です。でも、もし120万円稼ぐと、手取りとして入ってくるのは、119万1,500円なんです。

 

税金を払った後。それでも、実は差額として、103万円稼ぐよりも、120万円稼いだ方が、家計には16万1500円得なんですよね。

 

これ、5年でも続けると、子供さんの大学の入学金ぐらいは、実は稼げちゃったりするんです。

 

103万円を鵜呑みにしないで、103万円を超えたらどうなるのってことを一度ね、考えてみていただくといいのかなと思います。」

 

スポンサーリンク