ふるさと納税で節税と節約をする方法

ふるさと納税とは?

ふるさと納税というのは、ふるさとに寄付をすると、所得税と住民税が還付されるという制度のことです。

 

また、寄付した地方の特産品(米や肉など)がもらえるということが話題になっています。

 

本来は、寄付金であったり地方活性化のための支援金だったりするわけですが、お得な面がメディアなどで取り上げられたこともあり、最近はかなり盛り上がっていますよね。

 

住宅ローン破綻や老後破産しないために、節約したり貯蓄に励んでいる人にとっても朗報といえそうですね。

ふるさと納税は何がお得なの?

ふるさと納税をすると、税金が戻ってくるといっても、この戻ってくる税金は、その人の所得によっても変わってきます

 

例えば、年収500万円の人で考えてみますと、所得は約250万円になりますので、所得税率は10%になります。

 

この人が、ふるさと納税を2万円したとすると、1万8千円の税金が還付されることになります。

 

差額の2千円が実質の寄付金ということになるわけですね。

 

また、この人が3万円のふるさと納税をした場合には、2万8千円の税金が還付されて、やはり差額の2千円が実質の寄付金ということになります。

 

ただし、この人が4万円のふるさと納税をする場合には、ふるさと納税の計算方法が違ってくるので、若干変わってくるのですよね。

 

4万円のふるさと納税ですと、税金の戻りは3万900円となります。

 

この場合の実質の寄付金(自己負担額)は、9,100円になってきます。

 

もちろん、ふるさとに純粋に寄付をしたいという場合には、自己負担は気にしなくてもよいわけです。

 

でも、2千円の寄付で、節税やその産地の特産品がもらえることを期待してふるさと納税を利用する場合には、ちょっと注意が必要ですね。

 

その人の所得に応じて、限度額というのが変わってきますので、それについて意識していただければと思います。

 

スポンサーリンク

【節税する 編】ふるさと納税

ここで、ふるさと納税について、わかりやすくまとまった動画がありましたので、紹介したいと思います。

 

 

「今回は、ふるさと納税について、お話しをしていきます。ふるさと納税って、聞いたことはあるかと思うんですけれども。

 

納税ってついていると、何だか余計に税金を払わなければいけないのかななんて、思ってしまうかもしれないんですが、これは寄付金です。

 

ふるさとに寄付をすると、税金が戻ってくる仕組みなんですね。で、例えば、ここで言う税金が戻るのは、何の税金ですかって言うと、所得税と住民税なんです。

 

で、ご存知の通り、所得税って、その方の所得に応じて税率が変わります。なので、いくら寄付をすると、いくら税金が戻るのかって、もう簡単には言えないんですね。

 

なので、今日は1つの例を出して、ご紹介していきたいと思います。例えば、年収500万円の方で、所得税率が10%の方がいました。

 

こうすると、年収500万円だと、所得250万円ぐらいになるんですね。そうすると、所得税率10%なんです。で、この方が、ふるさとに寄付を2万円しました。

 

そうすると、税金の戻りは1万8千円です。なので、実質2千円の寄付ということになるんですね。

 

2万円寄付したけれども、税金が、所得税と住民税合わせて1万8千円戻ってくるんです。この方が、では3万円寄付したらどうするの?

 

そうすると、やっぱり税金の戻りが2千円の自己負担を差し引いた2万8千円の税金が戻ってくるんです。お得ですよね。実質2千円の寄付でいけるわけですから。

 

ただ、この方が、実は寄付を4万円すると、ちょっと違ってくるんです。

 

これ、ふるさと納税の計算式が違うので、変わってくるんですが、寄付4万円をすると、税金の戻りが30,900円なんです。

 

先程までは、自己負担2千円だったんですが、今度の自己負担は、9,100円ということなんですね。

 

このように、その方の所得に応じて、いくら寄付すると、いくら税金が戻るかって言うのは、違ってくるんです。

 

この辺は、今、ふるさと納税って検索していただくと、色々なシミュレーションが出ています。で、何よりも皆さんが注目しているのは、特産品なんですよね。

 

実質2千円でお米がもらえたり、お肉がもらえたりもして、とても喜んで、ふるさと納税をしている方もいます。

 

本屋さんに行くと、カタログみたいなものもあるので、ご興味のある方は、一度手に取って見ていただければいいかなと思うんです。

 

でも、ふるさと納税で、もう一つできることは、実は支援なんです。こちら復興支援なんかにも使われます。地域によっては、特産品が出ないところもあるんです。

 

特産品て、あくまでもお礼なんですけれども。ただ、寄付金ていうお金の使い方も、素敵なお金の使い方なので、これから考えてみてもいいのかなと思っています。」

 

スポンサーリンク